施術者紹介

施術者紹介

関根賢一です。
1966年の夏に埼玉で生まれ育ったごく普通の人です。
唯一違うかもしれないのが、スピリチュアルが苦手なのに、気になったことを突き詰めていったら、独学でヒーリングができるようになったことです。
そして年齢万円の月給をいただく身から転身をした経歴の持ち主です。

 

どうして転身したのか疑問に思われたかもしれませんが、動物も植物も命があるものはいつかこの世を去ります。 精神的にも肉体的にもきつい仕事の先にあるものと、誰かの人生の役に直接立つ先にあるもの、どちらが自分の中で本当の意味で好ましいかと考えていたら、その時の仕事を続けて定年を迎えた未来よりも、こちらの方がずっと好ましいなと思ったんです。 で、勇気を出してえいやっと動いてみました。

月給をいただいている時、自由に休めず、時間も自由にならず、失敗が全くできない状態を何年も維持し続ける精神的なきつさと肉体的なきつさから、年末になると動けなくなったり、年度の途中で体を壊した経験もあり、今となっては体が発する信号がどんな風に出てきて、どこまで我慢するとどうなるかということを自分自身の身で体感していることから、どんな風に改善していけば、それをあまり無理なく避けることができるかというところに結果として繋がってきました。
 
ついつい我慢する心理、ちょっとしたことだったら自分が頑張ればとしてしまう気持ち、凝りや張りがだんだん感じにくくなってときの静かな変化。 変化の先にある心と体の辛さや重さ。 そこからどうしたら改善できるか、あれこれ試してもよくわからず、日々を必死に生きていくことで積み重なってしまう大変さは、知りたくないほど良く知っています。

そうこうしている日々のなかで、ずっと気になっていたことを突き詰めて確認していくことで、少しずつ少しずつ、体を構成している細胞が発信している情報を感じられるようになり、それがいつしか言葉のように感じはじめました。 体を改善するヒントも言葉として届き、その言葉の言う通り試してみると、確かに変わっていくのを感じました。  更に細胞の言葉を感じるための努力を続けてきたことで、今感じている辛さの先にあるもの、つまり、事象の原因の根っこがあることを知るようになってきました。 そしてその根っこを調えることができると、事象の連鎖がなくなって、結果楽になることも。

ただ、大切なのは、何故それが生まれたか、どうして育ててしまったか、そしてどうやったらその連鎖を再び産まずに済むかというところです。

そのために必要なことは、自分の心や体が発信し続けているものを感じる力を、手にしてもらうことができたら、再発がしにくくなるという、ごく当たり前の事実です。

体や心が冷えて固まっていると、感度が落ちます。
なので、体を緩めた上で、さっきまでとの違いに気がついてもらうこと、ここさえできたら、良い感じに進んでいけるので、そのために必要なことを、今も更に探り、より詳しい声が聞けるようにと日々努力を続けています。

私はそんな人です。
楽しいの先にある快適な未来を作るために、なによりも大切なこと、それを一番伝えたいのは若い時の自分ですが、そこからここに至るまでにあれこれ悩み続けていた自分と同じ環境や状態の方にも、自分と同じようにお伝えができたらいいなと思っています。