ヒーリングサロン Hidamari

ヒーリングサロン ひだまり 〜 片足立ちで再び着替えられるようになる〜

*

施術者紹介

ケンイチ

関根賢一といいます。 埼玉で生まれました。 誕生日は1966年(昭和41年)の夏です。
おかげさまで、51歳になれました。

もう駄目かもしれないと諦められていたことが、施術(ヒーリング)でするっと改善したとき、とても自然な笑顔とともに、まるでピカピカと生み出される、そう光のような煌めくような楽しさを、あるとき、その場で一緒に感じられたので、この素敵な仕事を選びました。

実は、長い間、ごく普通に会社員として働いていて、ある年齢を境に、ずっとこのままでいいのだろうかと気になっていました。
あと10年、残りの人生をかけて何かをするのであれば、何をするのが一番いい?
そんな問いを何度も自分にしたときに、何度も何度も、会社員として勤め上げるのもいいんだけれど、そこで終わってしまうのはどうなんだろう?
そんな疑問が生まれました。 また、上記にあったように、自分の能力をフルに発揮して、困っていて、特に諦めていた方の役に立つならば、どう考えても、ずっといいよね!  定年もないし、ずっと役に立てるなら凄い素敵。
みんながどんどん良くなっていくと、 続かない可能性もあるけれど、まずは自分の気持ちに素直になってやってみよう。
そう思って、この世界に飛び出してみました!

そうやって、Hidamariを立ち上げたのが2014年10月です。

代官山で立ち上げて、しばらくしてみたら、何故か横浜のお客様が多いことがわかり、横浜(青葉区)に移り、現在に至ります。

少し、続けてみて分かったこと

医療を含む、どんなところの、どんな改善方法でも、日々生活の中にある もの や こと、それに日々の考え方の癖などで、再び引っ張られて悪くなるのって、とっても勿体無いですよね。
だから、自分で自分の体を知るコツをどんどん手にしていき、上手なセルフケアができることが、一番大切だと気がつきました。

私に出来ることは施術での変化で、本来はこうなんだと体感していただいてから、自分で自分の体を知るコツを覚えていただくこと。 御自身で御自身の体との素敵な付き合い方を体得していただくことです。
どんなことでもそうですが、良いコツを手にして繰り返して実施すると、どんどん上達していきます。

繰り返し行うセルフケアで、良い状態がキープできるようになったら、ちょっと いいと思いませんか?
不快なゾーンから離脱して、毎日が快適に。

そうして、セルフケアがとても上手な人が増えたら、きっと居心地がよく、素敵な時間を過ごす人々が織りなす日々が世の中を満たすんだろうなと思っています。 そして、そんな穏やかで和やかな世界になるといいなと、ずっと思っています。

こうして今も続いているのは、大切なお友達やご家族などが、本当に必要なときに「あのね、あそこ、なんかいいよ」と、伝えてくださっている方おかげです。 また、何故か目に止まり、妙に気になって「えいっ」と飛び込んできてくださる方のおかげです。

また、毎日の食事を作るコツや、普段使っている家具などが生み出す、分かりにくい疲れなどの悩みも含め、総合的に体と心の快適を生み出すお手伝いをしています。

市販されていないので 「これ いいや」とせず、この空間と利用方法には 「このサイズいい」「自分に一番合っているのはこれ」と理想で決めると、快適さがぐんと増します。 施術室の家具は、窓枠を含めて、全部手作りなので、そんなところも感じてみてください。

 

 

Hidamari