施術者紹介

初めまして。
関根賢一です。
1966年(昭和41年・丙午(ひのえうま))の夏に、埼玉で生まれました。

施術で体が楽になると、心も緩みます。
笑顔が自然と出るくらい、体も心も緩むと、周りにも優しくなります。
そんな優しさが伝わると、いい感じの雰囲気が周りにも広がっていきます。

ギスギスすることのない、ふんわりとしたいい感じの世界。
一人だととても小さな輪ですが、人が増えるに従い、その輪が次第に広がっていきます。
そして、地域を包み、国を包み込み、地球をまるごと包み込んだら、どんな素敵な世界になるだろうかと思って、お一人お一人の笑顔が最大になれるように日々努力しています。

施術中は体と会話をしているので こんな ↓感じです。
情報を漏らさずキャッチし、やりとりするために、とても静かにしています。
ケンイチ
実は、この仕事に就く前は、とても長い間、普通の会社員として働いていました。

この仕事をする、ずっとずっと前のことですが、高校生の頃に自転車で峠を下っている時に曲がりきれずにガードレールに突っ込みました。
自転車はぐにゃりとして、全損するような自損事故、胸を強く打ちました。
社会人になってからも、自転車に乗っていて、後ろから自動車に突っ込まれるように跳ねられて、半日ほどしたら、右足が動かなくなるようなことも。
また、長時間、長期間休みなく働いていて、年末に何度も寝込んだりもしました。
よくやってきたなと今では思うのですが、そうです、体にはかなりの無理をかけていました。

そんな中で、ある日突然(と自分では思っている)寝返りを打つのに息が止まるほどの、酷いぎっくり腰になってしまいました。
あまりに痛いので、それを当時やっていたブログで発信していたところ、大切な知人が、こんなところもあるよと、教えていただいたところがありました。 とても信用ができる方からの情報だったので、藁にもすがる気持ちで、良く分からないながらも、そこに行き、あまり触れない施術を始めて受けました。

そこで 腰が大幅に良くなりました。
それまで、信じていなかった、氣のようなもので調う世界があることを、実際に体感してしまい、本当に変わるんだと体で納得しました。

こんなにいいものができるならば、自分もやりたい。
そうは思っていても、たまたま良い先生に出会えなかったことともあり、その後、独学で この世界に進んできたのですが、本当に何も知らないところからのスタート。
先生もいないで、感覚のみを頼りに習得していったので、かなり長い年月ががかりましたが、ある程度わかってくると、いろいろと謎が紐解けてきます。

そうして、この ふしぎな手法が、ある程度の効果を生み出すことができるようになったころに、とある方に声をかけていただき、体の調子を調えるお仕事を、僅かながらもさせていただけるようになりました。

そこで、長く患っていた人が本当に輝いた笑顔をみせてくれたことがあります。
もう何をやってもダメと思っていた部分が、するりと変わったら、笑顔も自然と生まれますよね。

そのときは疵痕だったのですが、心の底からの本当の笑顔。
キラキラしていて、とても素敵でした。

普通の仕事をして、普通に暮らしていたら、そんな素敵な笑顔に、あと何回出会えるのだろう。 そう考えた時に、これからの残りの人生をどう生きていくのが一番だろうか。

会社員のままでも良いのですが、定年まで勤めてもあと10年。 かなりハードな仕事だったので、体力と気力が尽きて、人として限界を迎えて駄目になりそうな予感。

同じ10年であっても、もっと違う形で、もっと多くの方の役に立つことができるのではないか。 あれこれ考え続けた末、同じ笑顔をいただくなら、この仕事が一番いい。

そう思って、仕事を変えることを決意しました。
当時と今はだいぶ変わりましたので、今のこの時代なら兼業にするのがベストなのかもしれません。

でも、開業当時はそんな時代ではなかったので、やるならば失礼のないように本腰をいれるために、本業としよう。

そう思って行動しました。

そして現在に至ります。

まだまだ隠れ家的な存在ですが、もし、あなたが、普通に歩いていて、何もないところで、躓いてしまうようなことがあったら、小さな頃に、つま先をどこかにぶつけたり、重たいものを落として声も出ないくらい痛かったことがないか、過去を思い出してみてください。  そんな時の改善に多いに役に立ちます。
また、傷跡や火傷の改善が実は一番得意なので、とりあえず回復したあとに、普段からその部位のことが気になって仕方がないようなとき、つまり、引き攣れ感や、突っ張り感、内部のゴツゴツ感や、見た目などで悩んでいたら、諦めず、どうか一生に一度でいいので使ってみてください。

細胞が伝えてくれることを紐解き、根っこの根っこから調えていった先にある快適な世界。
そんな世界を存分に味わってみていただけたら、とても嬉しいです。

Hidamari

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする