Hidamariの理念

寿命が尽きるそのときまで、元気で快活に!

10代のころって、その状態がずっと続きそうな気がしていませんでしたか?
私はそう思っていました。
70歳になっても80歳になっても、ある程度の減衰はあっても、結構いい感じでいけるだろう。 そう思っていたのです。

でも、実際の現実は異なり、ストレスの増大による対応で出た不調や、初めて経験する老化現象など、あれやこれやが、ずるずるとやってきました。

気が付いたら、あれ? なんか変。
でもこれって初めてだから、これで合っているのか、間違っているのかが良くわからない。
何かしても、改善しないから、こんなもので、もう仕方がないのかな。
そう思っているうちに、どんどん酷くなっていきました。

勢いで最期のそのときまでいける、体力や気力がたっぷりある人は、まだいいと思うのですが、普通のエネルギーを持っている人は、それはなかなか難しいですよね。

かといって、体の生体反応の実態を教えてくれるところは多くなく、体と心の良いバランスを実感として示してくれる人や場所が、見渡しても探しても、ほとんどありませんでした。

病気になってからは西洋東洋を問わず、先人の知恵と経験の積み重ねと、技術や薬の発展が、私たちを救ってくれます。

でも、それ以前の、もっとずっと前のところで、余分な負担をできるだけ減らせたらいいなと思っていました。

でも、どこにも見つかりません。

日々の営みで、その実態を知って、上手に使って生きていくことができたらいい。
たったそれだけのことですが、うまく使えるようになれたら、強く抗わなくても、ごく自然に、いい感じで歳をとれるようになるのがわかっているのに、見つからないんです。

そんな思いで、ずっといたのですが、何年たっても理想とするところは見つかりません。

であれば、体の声を訊いて教えてもらうのが得意なここが、その一助になればいい。
そう思って、最初は体を調えるだけであった、この場を、未来への足がかりの場に作り直しました。

日々の辛さを感じている方に、本来の元気な感じになっていってもらうことが、明るい未来を作る大きな力になるだろうとの思いでいます。

ちょっと特殊な形なので、万人受することはないのかもしれませんが、なんかいいなと思ったら、ぜひご自身の体の秘密を覚えていってください。

わかり始めると、どんどん紐解けて、あれこれわかり始めます。
上手になれば、上手になる程、自分を気持ち良くして過ごすことができるようになります。

寿命が尽きるそのときまで、元気で快活に!

ぜひ、楽しんでいってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする