何を履いても痛かった足が

こちらは、とあるお客様から受けた相談と結果を読みやすいように、物語風に書いてみたものです。

私の足は何時も痛い。

シューフィッターが居るような、良い靴屋さんで高い靴を何回か選んでもらっても、何時も足が痛い。
つま先が九の字のように曲がったままになり、靴の内側にぶつかって、何本もの指にマメが出来ている。
マメができるくらいならいいけれど、マメはどんどん大きくなる。

ついには、足の裏にもタコが出てきて、分厚くなる。

痛いので、タコを仕方がなく、削る。

削るのは仕方がないからしているけど、毎日になると嫌になる。
お医者さんにいっても、問題ないって言われるし、どうしたらいいのだろう。

ずっともう、このままなんだと思っていた。
どうしようもないと思っていた。
マメは減らず、厚みも増すし何時も痛い。
通勤は苦痛だし、出来ればすぐに靴を脱ぎたい。
満員電車でぐらっときて、押されたときに踏ん張るのが辛い。
会社についたら、辛すぎて、楽なものに履き替えるけど、本当は他の人と同じように、足元は綺麗にしていたい。

皮膚科でも問題ないっていうし、一番良さそうな靴屋さんの靴もだめ。
もう、どこにも相談できないと思っていた。

でも、以前、サロンで体を見てもらった時に、指にあったマメも見てもらったら、つるっと綺麗にとれたことがあったので、ダメ元でもいいので、体を見てもらうときに一緒にできるか事前に相談してみた。

大丈夫らしいけれど、普段使いの靴も持ってきてねと言われたので、ちゃんと持ってきた。

鏡のある前の床に段ボールを敷いて、フィッテングをした。

自分では全く気が付かなかったが、靴の左右の小さな違いを指摘された。
違いがあった部分が特に痛いところだった。

靴の製造上の違いと素材の違いを教わり、自分の靴でその小さな差が分かった。
良いものを手にするのに必要な、店員さんへの声のかけ方もわかったので、次回は必ずやってみようと思う。

次に足をみてもらったら、どうやら、足の指を支える甲の中の骨が、寄り添い過ぎて一体みたいに固いそうで、そこを緩めていくとなにやら変わるらしい。

片足15分から20分の見立てだというけど、本当に変わるかな、変わるとといいな。

今日は体の施術がメイン、足はサブ。

体が終わり、足の施術が始まると、じっと、足を見つめている。
かなり凝視している感じ。

しばらくたったら、タオルに包んで、右足から触りだした。
丁寧になにかしてもらっているけれど、良くはわからない。
うーん、押されるというよりは、触っている感じ。 くすぐったくはない。

右足を10分でおいて、反対側に移った。
なんか、少し間を置くと反応が促進するので、連続してするよりもなにかお得らしい。
お得ならその方が嬉しいから、お任せしてみる!
反対側の足をしているときに、右足が軽くなっているのに気が付いて動かしてみた。

え? なんか動く!!? あれ、動く私の足!
吃驚した顔をしていると、説明してくれた。
最初言っていたあたりが緩んで、細胞についた?痛かったりして辛い記憶を抜いてるとか。
意味が良くわからないし、何それとは思うけど、動くならいい!!
足ってこんな風に動くんだ。  もう忘れていた感触だよ。
ちょっと嬉しくて一杯動かした。
動いているのみて、サロンの人が嬉しそうだった。

左足も終わった。
促されたので動かしてみた、右脚よりも軽い!
土踏まず以外にも前から見た時のアーチが復活しているからとかの説明を聞きながら、
ふーんと思いつつ、動くことの感動のが上だった!

また右足に移って、続きをしてくれた。

最後に左足もして、片足15分 両足で30分の施術が終わった!

タオルをとったら、足の色がさっきと違う!
何か白っぽさが増していて、綺麗、すべすべ感も出てる、何コレ不思議~
動きは楽! いい感じ!!

どうしてこうなったかの、説明を聞いた。
? と思っていたら、分かりやすいように体の細胞がどんな風に思っていたかを演技してもらうような感じにしてくれた。
それを聞いていたら、 凄く納得できた。
思わず、自分の細胞に手を当てて、謝っていた自分がいた。

こうなった理由はわかったから、もう大丈夫!
本当にそう思えた。

体の施術の後で、足の施術だったけど、立った時の仕上がりはどうなんだろう。
いい感じだといいな。

促されて施術ベッドから起き上がってみた。

床に立ってみたら、足裏の感触がまるで違う。
なんか、こう ぺったりついている感じ。
さっきまでの、部分的についている感じではない。
何コレと思いながら、鏡のまえでみると、すっと立っていて体はとても楽。

また、促されて、そんなことないでしょうと思いながら、今日来た時の靴を履いてみる。

片足を入れた瞬間に、無口になった。
もう片足をれて、立ってみて、不思議だった。
あれほど痛かったところが、痛くない。

もう一足持ってきてと言われていた靴も出してみた。
履き替えてみた。
こっちの靴は痛いところが違う靴だ。
施術前に両方チェックしてもらった靴の片方だ。

さっきは痛かった靴。
なのに痛くない。

何コレ!
人って感動すると口に手を当てるらしいけど、私、今それをしている。

あ~ 来てよかった。
お願いしてみて良かった。
今日、ここにこれてよかった。

感動はちゃんと伝えましたよ。
サロンの人も、喜んでくれた!
私も嬉しいけど、なんか にやにやしちゃうかも。

施術後の諸注意を、お茶をいただきながら聞いている時に気がついたんだけど、
私、座っている時に姿勢が綺麗。
全然頑張っていないのに、すっとしている。

これも伝えてみた。
そう、本当は力が要らないんですよと言われて、体感で納得。

体と足の両方で正解だったなと思って、帰りました!
足取りって本当に軽いんだね。

足が痛くない生活。
明日の通勤が楽しみ。

とても感動していただいので、雰囲気を残しつつ物語風に書かせていただきました。
「同じように辛い思いをしている方がいると思うのでどうぞ」と、記事の公開はご了承いただいております。
尚、たとえ足といえども、施術中にお客様の写真を撮るのは、良質なサービスではないと思っておりましたので、当時の写真はありませんので、ご了承ください。

同じように辛い思いをしていて、足の指先でタオルがつまめない状態だったら、調う可能性は同様にあります。
足も楽になる、リセットプログラム ボディ は こちら です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする