自分が好きだから、自分のことは自分が一番よく知っているんだと思っていた。

梅

ほとんどの人は「自分のことを自分が一番よく知っている!!」 と思っていますよね。

これ、実は、自分ことだからわかると思えるだけ。

でも、事実はそうではないんですよ。

だって、自分の癖を、自分で、「これが私の癖です」と、どこまで言えるかを考えてみればわかると思うのです。

自分の癖をいますぐ幾つ出せますか?

ところで、その自分の癖だと思っていること。

そのほとんどは、誰かに指摘されたものだったりしませんか?
そう、残念だけど、無意識にしていることは、なかなか意識の上に乗ってこないんです。

だから、他人から見れば 「それ、いっつもやっているよね」そんな感じのものですら、自分ではわからなくて、指摘されてから「え?? そうかな?」になってしまうんですね。

行動ですらその状態なら、考え方や、活動の仕方、あらゆるものが同じ状態。

「君ってさ、ネガティブ傾向にあるよね」

「あなたは、どんなときにもスーパーポジティブだよね」

そんな風に言われても、本人はいたって普通。

他者が、見て第三者的な視点で比較をするからこそ、簡単にわかることも、自分ではなかなかわからない。

体の中のことも同じで、意識しているところは、多分わかる。

でも、意識できない、もしくは、したことがない部分は、センサーが甘い、もしくは無いに等しい。

実際に「私はこれまで肩凝りをしたことが無い」と言っている方の肩も、凝っていることはよくある。

というよりも、そういう方ほど必ず凝っている。

どのくらいかというと、結構コリコリで、鉄板のように酷い状態になっていても、感知する力が不足していたり、凝りそのものの概念が無いと、状態把握や理解が難しい。

でも、体を緩めて、楽な状態を味わってみると、「私は肩が凝っていたんですね」「あれが凝りっていうものなんですね」と、自然と理解ができるように。

だから、今、もしも、ここ最近なんとなく体調が優れていないなと気が付いていたら、第三者的な視点から、自分の体や心の状態を見てみませんか?

自分のことは自分が一番わかるという、思い込みをちょっと、どこかに置いて、第三者的なものの見方で、見てみませんか。

「あれ、もしかしたら、ここが変なのか」や「もしかしたら、こうなのかな」とか、どこかの何かに気がついたら、そこをどうすればいいか考えて、そのあとで、あれこれ試してもらいたいんです。

それがきっかけになって、状態が良い方向に動けるならば、とても素敵なこと。

それに、自分は、そんなに自分のことを知らないなと思って、自分のことを観察するように見つめていくと、結構これ知らなかったなとか、あれこれ気が付けるので、思ったよりも楽しいですよ!!

自分では難しくて、どうしても他者視点が必要な時は、仲の良い友達や家族と一緒にしてみてください。

もちろん、このヒーリングサロンにお願いするのも全く有りです^^

どんな方法でもいいので、試してみてくださいね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする