全く変わらない人はいない。

%e7%a9%ba
 
「20年以上もこんな感じだから」
 
もし、そんなつまらない理由で、体を調えるのを放棄していたらもったいないです。
 
 
「動かないから、もういいんです」
 
「どこにいっても、駄目なんだの確認ばかりで、もう疲れました」
 
 
体が変形するほどなら、確かに難しいかもしれません。
ただ、そんなときですら、残存機能を最大にすることは可能です。
 
 
 
なぜ、そんなことが可能なのか。
 
 
 
それは、あなたが生きてるから。
 
そして、一抹のものだとしても、まだ心の中に希望があるから。
 
 
変化の種が、そこにあるのです。
 
 
生きていれば変わります。
 
 
全く変わらない人は、どこにもいません。
 
 
だから、どうか、諦めないでください。
 
 
あなたは、まだ、生きています。
 
人生はまだまだ残っています。
 
 
一緒に
 
 
一緒に歩みましょう。
 
 
人生を少しでも楽しくしていくために。
 
 
やりたいことをやれる体と心を取り戻しましょう。
 
 
理想通りの完璧な状態には、もしかしたら、なれないかもしれないけれど。
 
 
今よりも、もっと楽に、楽しくなれるように。
 
 
朝、起きて、良かった、今日もまた楽しめる。
 

そう思えるように。
  
 
私は、あなたの動きを待っています。
 
 
大変な思いを、辛い思いをしていたことは、
あなたが何も喋らなくても、細胞が伝えてくれます。
 
 
 
どうか、諦めないでください。
  
 
一抹の光に、力を与えられるには、あなたの心の動きだけです。