ずっと健康でいるために、今から10年前の自分を見る。 次に10年後の未来から、今を見る。 今の自分に伝えるアドバイスは一体なに?

 
心も体も、ずっと健康でいられたら、とても嬉しいですよね。
 
 
梅
 
ところで、ここ最近の調子や、今の調子はどうですか?
 
もし、ちょっとした不調や、少し気になるところがあったら、今から10年前に遡った昔の自分に、どんなことを伝えたら、それが良くなりそうでしょうか?
 
 

・ 朝起きること?
・ 夜更かしをやめること?

・ 適度な運動?
・ 甘いものを食べ過ぎないこと?

・ 仕事が忙しくても、ときどきは休むこと?
・ 食事をできるだけ自分で作ること?

 
きっと、あれと、あれを注意していたら、今は絶対に違っていた筈。
そんなことの一つや二つ位はあると思うのです。
 
それさえ注意していたら、きっと今頃は大きな違いがでていたろうに、と思う、そんなことです。
 
 
 
今を作ってきたのは、過去の自分。
 
 
では、未来を自分を作るのは、何時の自分でしょうか?
 
 
 
そう、今の自分ですよね。
 
 
 
だから、これからやってくる 未来を明るくするには、どうしたらいいか、
今すべきことが、どこにあるか、なんとなくわかってきますよね。
 
 
そこで、10年後の未来の自分を想像したときに、未来の自分から、今の自分に、言われてしまいそうなことを考えてみませんか?

何もないなら最高ですが、もし、いくつか浮かんだら、それを やっておいた方がいいですよね。
 
 
それは一体はどんなことでしょうか?
 
未来の自分から、やっておいた方がいいよ と、絶対に言われそうなことはどんなことでしょう。
 
ずっと前から変わらない、運動のことかもしれないし、甘いものの取り過ぎかもしれない。
もしかしたら、休日の取り方や、余暇の過ごし方かもしれませんね。
 
どんなに小さなことでもいいので、少しの間だけでも想像してみてください。
 
  
そして、気になることを、小さなことから実際に実行してみると、今から先の自分の姿が変わってくるのが、なんとなく感じられることと思います。
コインの裏表みたいに、簡単に変化がわかるものじゃないかもしれませんが、心が軽くなったら、明るい未来が作り出されてきた証拠です。
  
過ぎ去った過去は、もう後戻りできませんが、今を変えることで、未来は変化させることができます。
同じ過ちを続けるのが心が重く感じて嫌だなと思うなら、どんなに小さなことでもいいので、やってみると変わりますよ。
未来の自分が、あのときによくやった自分を褒め称えてしまいたくなるように、何か見つかったら、一つでもいいので試してみてください。
  
そして、少しでも気持ち良いと、なんとなく続けたくなります。 
 
なんとなく続けたその先に、きっと冒頭で考えた未来があるのでしょう。
 
私も、もう一度、未来の自分を想像して、未来の自分から今の自分へアドバイスをもらって、何か少しでもやってみます。
 
 
 
あなたの未来の自分は、今のあなたに、一体どんな言葉をかけてくれるんでしょうね。
 
ms00

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする