「感じること」何よりも大切なことは、その1点

「感じること」何よりも大切なことは、その1点

体の不調があるとき、その不調に意識が持っていかれることが多くありませんか?

例えば胃が痛いときなんかはどうですか?

シクシクなのか、キリキリなのか、などという風に痛みの質を探っていることが多くはありませんか?

そして、次に思うのが、この痛みを消すには、どうしたらいいか? ではないでしょうか?

忙しいときは、休む暇もないことが多いでしょうから痛みがすぐになくなればいいなと思いますよね。

では、痛みがなくなるようにするには、いったい何が必要でしょうか?

お薬?

確かに痛みには効果はあるでしょうね。 でも、それは、対処的な療法であって、痛みが生まれた原因はそのままということになります。

すると、薬の効き目が切れたときに、再び痛くなりやすくなるだろうなということは、簡単に想像がつくと思うのです。

でも、普段やっていること、すぐにできることは限られているから、忙しいときはそうした選択が普通でしょうね。
私も実際に以前はそうでした。

私は胃痛はほとんどなかったのですが、頭痛はよく感じていました。
私の体は、とてもありがたいことに、当時お医者さんでよく出してくれたロキソニンではなく、市販薬のバファリンの方がとてもよく効いたので、頭痛を感知したら、毎回すぐに飲んでいたものです。

この痛みに対する対処は、何もしないでいるよりもずっといいですよね。
でも、できたら、再び同じ目にあいたくはないですよね。

少なくとも私はそうでした。

では、一体どうしたらそうなれるでしょうか?

どうしたら、そういう風に生きていけるようになれるのでしょうか?

私はこの仕事をすることになるずっと前から、体のことを探っては、こうかな?ああかな?という思いつきや、それなりのヒントを得ては、実際に実施して体の反応を確かめていたのですが、そうした、いくつもの検証の結果、体はとても素直に反応しているんだということがわかってきました。 その仕組みがわかるにつれて、良い対策方法が次第にわかり、今ではとても良好な結果が出る方法を得ることができました。

よって、今では頭痛はほぼ感じることがなく、とても助かっています。

痛みがある間、すべての能率が落ちますから、本当にそれがなくて助かっています。

なので、バファリンに至っては、10年ほど買っていません。
バファリンのとてもお得な買い方を、お店の方が伝えてくれるくらい、バファリンをよく買っていた男がそうなれたんです。 これ 誰にでも望みはあると思えませんか?

結論を最初にお伝えすると、体の痛みは、原因があり生まれた結果であることがほとんどでです。 つまり、原因に対処する力があり、それが上手く実施できれば、もう辛さが生まれなくなるという、とてもシンプルな世界だったんです。

その仕組みを理解し、正しく運用ができれば、もう痛くならないという、たった、それだけのことだったんです。

その世界のこと、理解して上手く生きていきたくありませんか?

では、一体どうしたらいいのでしょうか?

その重要なヒントが最初にある言葉、感じること です。

痛みをただ感じるのではなく、痛みに至ったそれまでの原因を探りながら、体の状態を感じること。

意識をそこに持っていくだけでも、実はかなり違います。

痛いとわかるまでに、実はもっと弱い痛みで体は教えてくれているのですが、感度が鈍いと、それが残念ながら理解できません。
感知できないから、ないものとして日々生活し、結果として原因はそのままとなってしまい、自然治癒力ではまかないきれない分がたまりまくることで、かなりの痛みが襲ってきて、辛さを味わっているんです。

そこで、感じることが大切になってくるんです。

その酷い痛みを感じる前の、もっと弱い痛みを感じられるようになると、変わっていきます。

しかし感度が鈍いうちは、なかなか難しいのも事実です。

なので、まずは感じるということが、いったいどんなことか、自分なりに分析してみましょう。

自分は、なにを感じる力が強いのか、また感じるのが弱い部分はどこかを、丁寧に探ってみてください。

感じやすい部分はそれをただ純粋に伸ばせばいいし、感じにくいなと思った部分は、じっくりと、のんびりとでもいいので、少しずつ育てていけばいいんです。

筋肉と同じで、感度も育てれば伸びます。

感じることを意識しないでいたら、全然使わないから、一切伸びようがありませんが、意識して少しでも使っていけば、次第に違う世界へ行けるようになるんです。

一人ではどうしても難しい。
でも、どうにかして、感じていきたいと思ったら、どうか、ここの施術を受けてみてください。

どんな風に感じることができるかを含め、あなたの特性に合わせて育てていきます。
感じることができれば、感度が高くなり、原因を探る力も育ってきます。
原因に対する対処ができるようになれば、私の頭痛のように、そのうち、そんな時代もあったよねと、笑い話にすることができるようになる可能性が高くなってきます。

日々の努力も必要ですが、どうせなら、いつも快適な体でいたいですよね。
誰もが元々持っている、使っていなかった能力を育てるのが得意な私が、一人ひとりに合わせ、最適な形でサポートしていきます。

変わりたいなと思えば、変われます。
少しずつでもいいので、適正な努力をすれば、ちゃんと変われます。
無理だと思い、諦めることは、まだまだありません。
本当の自分、そうした力を問題なく使えるようになった自分と出会えるのを楽しみにしていてください。

そんな施術は下記から見ることができます。

もし、興味が生まれたら、こちら をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする