頭と体で一緒に覚えると変化が促進

例えば、餃子にこんな説明があったとします。
 
餃子
 
味にうるさいと業界で評判の製粉会社が、産地とともに生産農家を厳選、収穫から選別、専用車による輸送、生産から保管、客先への最終配送にまでこだわった、餃子専用の特別な薄力粉と強力粉を使って、毎日皮を作っています。 水は地元の酒蔵から地酒を仕込む伏流水をいただいています。 塩は、塩が大好きな私が、世界中から集めた153種類の塩の中から、素材が引き立つ、一番合う割合を探りだし、餃子毎にブレンドしたものを使っています。 基本となるキャベツとニラは、キャベツが大好きで仕方がない、標高の高い高原にある生産農家と直接契約をしました。ニラもニラにこだわりつづけている海が見える高台にある、生産量でも名高い生産農家と契約しています。 その他の具材も同様に、好きで仕方がない方の手によるものです。
皮の作り方や焼き方は、ほんのすこし工夫を施した当店独自のものです。
パリッとした餃子で笑顔で元気になるのを見るのが嬉しくて、毎日作っています。

 
記事を見た人は、文字であれこれ想像をするでしょうね、写真を見て、更に想像を膨らませるでしょう。
 
「ブレンド塩ってどんなのだろう」「高原のキャベツはどこのだろう」「きっと美味しいんだろうな」「こんな味かな」「どんな人が作っているのかな」「気になるな」「行ってみようかな」等
 
でも、想像だけだと、まだ体では何ひとつ感じていないですよね。
そう、自分の過去の体験から引き出せる、想像できる範囲のことでしかありません。
 
頭の中で作り上げたものは、とても儚いです。
見ている時、想像している時は、盛り上がっていますが、しばらくしたら、それどころではなく、記憶から落ちてしまうでしょうね。
 
でも、もし、本当に食べに行ったら、どうなるでしょうか?
 
実際に食べたものは、体験です。
 
見た目、香り、歯触り、舌触り、喉越し、胃に落ちた時の満足感。
体感を通したものはそのすべてが経験になり、心の満足度とともに、知識として蓄積されます。
 
そう、あらゆる体験や感動は、良い悪いを含め、体が覚えていきます。
 
では、毎日しているだろうネットサーフィン。
ブログやHPの記事を見たり、そこで知ったセミナーや講座などを受けたりした後で、どうしていますか?
 
ああ、これはいいな、そうかもしれないな。
そう思っていても、特に何も行動をしないでいると、餃子と同じで、頭のなかの想像だけ終わってしまいます。
そうして、しばらくしたら忘れて行ってしまいます。
 
有料の講座でも、講座が終了した瞬間に7割ぐらいが忘れられてしまい、1週間もするとほとんど身についていないことが多いそうです。
 
だから、もし、これって、いいなと思ったら、是非すぐに行動をしてみてください。
 
 
 

自分が動くと、体感できます。
 
体験・体感は、例えどんなに小さなことであっても、とても強い味方です!
 
 
だから、現実もしっかりと変わるんです。
 
ジャンプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする