歳をとって、開けにくいペットボトルのキャップから美味しい動作を知る。

ペットボトルのキャップ。

ペットボトルキャップ


以前は、テレビを見ながらだって、すっと開けられたし、誰かとお喋りしながらも苦もなく開けられた。

それが、今では、頑張って開けないと、キャップが回らなくなってきた。

握力がなくなったのか、なんなのか、正直よくはわからないけど、新しいペットボトルを開けるときに、なんでこんなに頑張らないといけないのだろうか。

そういえば、最近は瓶の蓋を開けるのも、なかなか開きにくくて、億劫になるし。
鍋や食器もそう、重たいものは、持ち上げるのが大変なので、できればあまり使いたくない。

厚みのある大きめの湯呑みやコップも、持ち上げるのが面倒で、できるだけ使いたくない。

もう重いし、開かないし、一々大変。

若いうちは、えー、そんなこと無いでしょ! と思うでしょうね。
でも年齢を重ねていくと「そうそう」「あるある」と、頷いてしまう方もいらしゃると思います。

省エネ

体は、基本的に省エネが大好きです。
だから、あまり使わなくなった筋肉は、まるで上手な断捨離のように、どんどん減らしていきます。

もちろん毎日筋肉を使ったり、なくなった部分の筋肉を意識的に鍛えれば、いずれ復活はします。
でも、ピチピチした若いときほどには、復活の歩みは早くありません。

復活させるためのトレーニング

したいですか?
できれば、わざわざトレーニングをしたくはないですよね。

そんな大変な思いをするよりも、ほんの少しの体の使い方を変えること。
たったそれだけで、ペットボトルの蓋が開けられるようになったらいいと思いませんか?

「そんなことができるの?」

「はい。 ほんの少しの動作の違いで、それが叶います」

「え? と思うくらい簡単にペットボトルの蓋が開くようになります。
おや? と思うくらいに、湯呑みが楽に持ち上げられます」

「ヒントは自重をうまく使うこと」

「自重?」

「はい、自重とは、その字のごとく、自分の体の重さのこと」

「え? どうやって?」

気になりますよね?

では、仕組みのヒントを簡単にお伝えすると、こんな感じです。

どんなに体重が軽い人だって、大人なら大抵の場合30kg以上はあるでしょう。
腕の重さだって、よくよく考えれば、スリムで細くても、それなりにありますよね。

その腕の重さを使って、とある動かし方をするだけで、一気に変わるんです。

特にガス入りのペットボトルは、締まり具合がしっかりしていて、ちょっと固いですよね。
開けるのに苦労していたあの蓋も、あっという間に開くようになります。

ここまでのヒントで、もしかしたら! と思った方は、その方法で実験をしてみてください。
それで上手くいけば儲け物です!

体の使い方の原理と、実際の動かし方のコツ。

理論と実践はとても大切です。

こう動かしたらいい、という動作について、イメージして動かしてみたり、先生の形を見て真似るだけだと、ほぼ上手くできません。

演武や演劇で、いつも真似しているので、それが得意ならばいざ知らず。
そんなに簡単は身につかないからです。
見て、出来たつもりになれたくらいでは、きっと「効果が良くわからない」と思ってしまうでしょう。

でも、手や指で、そっと支えられながら、実際に動かして、体験をしながら、体感を得ていくと確実に覚えられます。
どう動かすとそうなるかを、ある瞬間に 「あ、なるほど!」と感じられるようになります。
そうして、この新しい動作が、とってもお得な動きだと理解し始めて、何度も同じ動作を繰り返していくと、体がこの動作を好んでくれるので、嫌でもしっかり覚えてくれるようになります。

慣れない動きを、ただ説明して終わりではなく、体感をもって、納得できるように導く、とっても丁寧なアドバイスです。

新しい動きをしっかり覚えられて、その場、その時から、上手く使えるようになります。
もう一つのこと:筋肉を鍛えるコツ

痩せてしまった筋肉を復活させるために、再度鍛えるにしても、普通のトレーニングではなかなか大変です。
でも、脳と成長ホルモンの関係性と、自分の体の育てるべきポイントについて、ここだけとわかって育てるならどうでしょうか。
誰がどう考えても、その方がずっと効率的に見えますよね。

闇雲にこれでいいだろうと、知識や思い込みで育てても、限界はあります。
早く付くようにとプロテインを飲んだら変わると思っていても、そんなに極端に変わるものではなく、プロテインをわざわざ取らなくても、体の反応を導くコツを、上手く利用すると大きく変わってくれます。

そう、筋肉の鍛え方にも、小さなコツがいくつもあります。
その中にには、最小の労力で筋肉を上手に育てるコツもあります。
それに、年齢に合った育て方のコツもあるんですよ。

とても便利なことに、毎日エイエイと頑張らなくていいというのが、年齢にあったコツだったりします。

ここで学ぶと、それらのコツを手にすることができます。

肉体の、今一番弱い部分が、例えば握力だったとしても、このコツのやり方を覚えてしまうと、育ちやすくなります。
もちろん、二番目に弱い部分や、三番目に弱い部分を育てるのも、同じ仕組みなのでかなり簡単に。

更にいうと、複数箇所を同時に育てるコツも手に入れられるので、いわゆる時短が可能になってきます。

年齢相応のコツ。
個人個人の特性に合ったコツ。
複数箇所を同時に育てるコツ。

そんな方法を手にして、定期的に頑張っていたら、半月後には変化を感じます。

そして、一月後には、かなりいい感じになっている自分に気が付いていることでしょう。

Hidamariは、体の今の状態を知るのがとても得意です。
特に触れずとも、肉体の状態を深く知る事が出来るので、個人個人の今の状態にあわせた、快適な自分の身体作りのサポートが可能です。

初回の変化で、体得して、納得できて、これはいいと感じられたら、毎月2回のフォローで、ゆっくり進めていくと、3ヶ月後には、かなり快適な状態になります。

それも、普通に思うよりも楽な感じで!

心臓への負荷もとっても少なめで、ご高齢の方でも簡単に始めることが可能です。

追伸

ペットボトルの蓋を開けたりするのは、その場で覚えられますので、初回だけでも、ぜひお試しください!!

<初回のみ>

100分アドバイス  4000円  60歳以上限定 お一人様一回限り

訪問の場合、訪問費(交通費含む)が別途必要です。

<継続時各回>

100分アドバイス  8000円

施術を併用の場合(*)4000円 (4000円の割引)

訪問の場合、訪問費(交通費含む)が別途必要です。
<推奨回数>

全6回  毎月2回、3ヶ月

訪問の場合、訪問費(交通費含む)が別途必要です。

継続は力なりと、昔からよく言われます。
まだまだ長いこれから先の人生を、しっかり楽しむためには、変化の最中の定期的なアドバイスがとても有効です。

個人の進捗状況に応じて、次の2週間分のプログラムを組みますので、無理なく、じっくりと進められます。

<*>

併用出来る施術は、寝ているだけなのに、身体を緩めて楽になれる、とっても便利なリセット・プログラムボディです。

リセットプログラムボディは、初回が14000円で、二回目からは8000円です。

メニュー一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする