スマホと地面と風と空

%e3%81%86%e3%81%bf
考え過ぎていたり、余裕が全くなくても、時には空を見あげてみてください。
携帯の画面ばかりではなく、窓の向こうにある、本当の世界を。
空の高さと青さを、目で見て、肌で感じて、体全体で味わってみてください。

感じれば感じるほど、自分を取り戻しやすくなってくるのに、気がつくはずです。

「ここのところ、ずっと考え事をしていた」

「そういえば、余裕が全くなかった」

「地面ばかりを眺めていた」

「でも、今日、久しぶりに太陽を見た」

「空が高く、風が爽やかに吹いていた」

「空が青いことをずっと忘れていた」

「余裕がなかったことを思い出した」

「深呼吸がしたくなって、してみたら、体が楽になった」

「思っていたよりも、煮詰まっていたんだとわかった」

「うん、今の感覚のが気持ちいい」

「本気でそう思った」

「だから、もっと空を、空を見ていたい」

「明日も、疲れる前に、ちょっとだけ前髪をあげて、見上げてみよう」

「スマホの手をほんの少し休めて、抜けるような青空を」

もし、今が、夜だったら、夜空もいいものですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする