もしも、猫背で、ずっと背骨が詰まった感じがして仕方なかったら、ココに着目してみてください。

着目するポイントを先に伝えるとここです。

1)背骨の土台の状態
2)司令

なぜ背中は丸まるのか?

対策のためには、原因をしらないと対処ができません。

原因を探る準備

背を意識的に丸めてみてください。

丸めてみましたか?

丸めようとすると筋肉が動きますよね?

そう、背骨は骨なので、骨だけでは丸まれません。

猫背になるのにも、実は筋肉を使っているのです。

丸まるには、筋肉をその位置で固定させようとする「なにか」が存在しているんですね。

では、なぜ勝手に丸まるのか?

丸まりたくないと意識しているのに、丸まるなら、それは一体なぜ?

筋肉は指令がないと動けません。
でも意識的に動かしていないなら誰がそれをだしているのでしょうか?

そう、無意識で動かしていると想像できると思うのです。

では、無意識に筋肉に指令が出ているなら、一体どこからそれは出ているのでしょうか?

無意識の司令

(鏡などの前で)立ったまま、大きなスイカとか  お米とか 大きなペットボトルとか、自分にとってこれはキツイなと思うくらいのものを片手で持ってみてください。

持ってみると、体が多少傾いでいるでしょうが、ほぼ無意識に、バランスを取って立っていますよね。

決して、さあ右足を踏ん張って、つま先にも力をいれて、ふくらはぎもほら頑張って、肩にも力をいれて、と意識せずに、そうなっているのがわかるでしょう。

全てをあれこれ意識していると、とても大変だからと、無意識の部分が、そうした細かな指令を細かく出しているのです。

そこで思い返すと、背中の丸まりも実は「背中を丸める指令が出ているのかもしれないな」と、わかると思うのです。

司令

自動でするにしても、痛いのは変じゃないのか?
そう思うと誤司令じゃないのかと勘繰りたくなるでしょう。

でも、このの司令官は、むやみやたらに指令は出しません。
バランスとをるのに筋肉を使い続けて疲れたり、カロリーを過大に消費しすることはせず、自重すらうまく使って、最小の労力で、最大の効果を得る方向で司令を出すだけです。
何かがあれば、バランスを取るために、即座に指令を出したり、出し続けることはあっても、あくまでも何かがあったらです。

となると、「背中を丸める 指令のもとが何か」 が、一気に気になってきますよね。

背中が丸まる部位は?

体を知ると、理解が深まるので、骨からそれを見てみましょう。
文字で書くと 骨は上から揃えると こんな感じ。

頭蓋骨(ずがいこつ) = 頭 (実は結構重い 5ー6kg前後もある)

<背骨>
頚椎(けいつい)   = 首
胸椎(きょうつい)  = 胸のあたり
腰椎(ようつい)   = 腰

<土台>
仙骨(せんこつ)   = 骨盤に挟まっている部分 背骨の土台
尾骶骨(びていこつ) = ぶつけると痛い 先端です。

丸まっているのは、胸のあたり。

背が丸まるまえのこと

胸のあたりだけ丸めようとすると、頭が重いので、前に倒れそうになります。
腰とか足で踏ん張り続けないとならないほどバランスが悪いので、普段は背だけで丸まりません。
実は、背だけが丸まるのではなく、腰が反っているから背が丸まってくるんです。

背骨の土台

背骨の丸みを作る腰の反りの原因はどこにあるのでしょうか。

建物ならば、建てるときは土台が大切です。
背骨の土台は、どこかというと、先ほどあげた簡易図の「仙骨」が土台になります。

腰が反るのは、土台である仙骨が前下がりで傾いているから。

土台が、前側(お腹側)に傾いていると、体が前につんのめってしまうので、腰を反ってどうにかバランスをとります。

前傾具合が強くなると反りも強くなり、下腹部が、痩せていても ぽっこりしてしまうほどに。

そう背の丸まりを調えるには、土台を、元のようにほぼ平らにすればいいだけのこと。

仙骨はなぜ前に傾いているのか?

仙骨は、背骨の土台にあたる骨です。
左の骨盤と、右の骨盤の合間に挟まるような位置にあり、繋がっている左右の脇が小さく動きます。
背骨が前に動くと、仙骨が後ろに動き、背骨が後ろに動くと、仙骨が前に動き、全体のバランスを取ってくれます。

でも骨盤との隙間が絶妙すぎて、強い圧力がかかったりすると、位置がずれたり引っかかったりして歪みます。

土台が前に倒れこんでいるときは、左右の隙間の部分の動きに異常があったりすることがとても多いのですが、この部分を丁寧に緩めてあげると、元に戻りやすくなります。

とんでもない腰痛はこの動きが著しく制限されて、動かなくなっていることが殆どです。
でも、軽い傾きはの崩れは、優秀な司令官が、背骨全体でなんとかしてくれているので、とても見つけにくいんですね。

ではどうするか?

反ってしまった腰。
それに合わせてバランスをとってくれている背中の丸まり。

その丸まりを作るために、どちらも筋肉を使い続けていて、背中がガチガチに凝っていると思います。

どちらも、無理なく戻すには、仙骨の動きを取り戻してあげるといいのです。

仙骨の脇の妙な感じになった隙間を緩めると、仙骨の動きが ぐんぐん回復していきます。

仙骨

腰の反りを揉んだり解したりして戻そうとしなくても、背中の丸まりを、ぐいぐい伸ばそうとしなくても、原因がなくなれば、バランスを取るための指令はもう不要。
そうなると、新たに「本来の位置に戻れ」という指令が届くのです。

新しい指令が届くと、体は緩み始めます。
反りを作るのに鍛えてしまったかのように妙な形に育ってしまった筋肉も、使わなくなる分、すこしずつ減っていくことでしょう。

それから痛み。
ここが
反りがきつくなると、背骨(椎骨)と、背骨(椎骨)の間にある、座布団みたいな役割をするクッション(椎間板)が、片側だけ潰されている時間が長くなります。
するとクッションの疲れの回復が全然間に合わなくなりますが、無理に曲げようとする動きが綺麗に消えたとなると、余分な負担が減る分、回復力が勝ち始めます。

正座をしていて、血行が減って痺れた足が、正座をやめると回復するあの感じです。

回復が進めば、そう、痛みも自然と減っていきます。

ごく自然に楽になるので、とても穏やかに、本来の心地好さが戻ってきます。

体にはとても優秀なセルブバランス機能がついています。
現在の状態にあわせ、意識しなくても、どうにかしようとしてくれる素晴らしい機能。
原因がわかれば、そこを調えることで、セルブバランス機能が再び新司令をだしてくれて、ずっとサポートしてくれていた各部が、本来の状態へと戻ってくれます。

あとは、どんな風にそれを実行するかだけです。