施術ベッドは、とにかく快適に過ごしてもらいたい。 そう思って、190cmの人でも大丈夫なように考えています。 だから自分で作りました。

%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%89
背の高い方の、よくある「あるある」は、「ベッドに寝ると足が飛び出る」でしょうね。
私は170cmですが、足が飛び出たところを真似してみたら、やっぱり落ち着けません。

そんなのは嫌だなと思い、身長が高い方にも同じように満足をしていただきたくて、
良いのがないなら仕方ないと、そんなベッドを作り上げました。

作り上げた施術ベッドは、足元がすっと伸ばせるように作られた特別仕様。
それに、手や指でぐっと圧をかける施術ではないので、
マッサージでは使う事のかなわない、寝心地の良いマットから選んで使うことができます。
そこで、マットは評価の高いエアウィーブを選びました。

自分の寝具以上に良いマットです。

更に、サイズは特注をかけて、当時の最小幅の800ミリで、指定長さ2100ミリで依頼。

手に入るまで約1ヶ月はかかりましたが、
このマットとの組み合わせで、穏やかな寝心地を作り出してくれています。

ベッド本体の木が、ふわっと返してくれるの体温とのコンビネーションのおかげで、
夏も冬もほど良く感じ、施術後、離れられなくなる方も。

施術ベッドの長さは、実は可変式。

施術室はこじんまりとしているので、
普段は、身長が170cmくらいまでの方に合わせて設置をしています。

でも、ベットをすっと伸ばすと、全長が2100ミリになります。

体重も130kgまでは軽く受け止められる頑丈さなので、
お客様を難無く支えてくれます。
痛くない施術のためか、一番多いのは、小柄で、細身の方ですが、
これまで一番背が高い方は、想定通りの190cmの方でした。

あとで感想を教えていただきましたが、このベッドだと、
「足元が窮屈なことはなく、とても快適だったのが印象的でした」 とのこと。

でも、唯一の誤算は、体にかけるタオルの長さが、思っていたよりも少し短かったことでしょうか。

今後、それは、タオルケットなどに変えることで対応する予定です。