実技の講座(伝授)のこと: 本当に手にしたいものの鍵となるのは、嘘をつけない知人の存在。    知人の協力によって可能となる、新しい世界の入り口となる扉がここに。

mori

朝になったら明るくなる。
夜になったら暗くなる。

水道の蛇口を捻ると、水が出る。
照明のスイッチを入れたら 灯りがつく。

水を飲んだら、喉が潤う。
椅子に座ると体が楽。

前に歩くと、先に進むし。
ご飯を食べたら、お腹がいっぱい。

その、どれもがそう特別なことではなくて、ごく普通のこと。

実は、エネルギーワークも「使える」が「ごく普通なんだ」という感覚になれるかどうかが、とっても大切なことだったりします。

それは、もう「極意」と言ってもいいことだと、私は思っています。
1ミリメートルどころか、1ナノメートルも疑うことなく。

疑問は一切なく「それが普通でしょ」 そういう風に、「ごく普通のこと」に思えるかどうかで、エネルギーの源との繋がりの強さが大きく変わってきます。

講座などの知識で得たものは、講座が終わっても、頭で「それはそうだな」と 思い込む 形でしょうね。

そうではなくて、体感を通して、本当に「ごく普通のこと」なんだなと感じること。

そこが肝です。
とはいえ、その境地になるのには、座学の講座だけで 一気に行くのは、かなり難しいと、私は思うのです。

そこで、Hidamariでは、ここで学ばれる方に、本当にそうした意識になってもらう為に、そう思えるようになる特別な仕掛けをしています。

それは、こんな仕掛けです。

嘘をつけない、あなたの知人の参加。

そのために、必要なのが、嘘をつくことができない、大切なあなたの知人です。

どんな時でもどんな所でも、その場の空気に流されることなく、嘘をつくことがとても苦手で、自分に素直な知人は、きっと一人くらいはいると思うのです。

真摯に物事を見つめられる、とても素敵な人です。

そんな知人に、あなたは学んだばかりのエネルギーワークを実施します。

そう、手にしてすぐの状態で、いきなりの本番です。

鉄は熱いうちに打て と言いますが、まさにそんな感じです。

嘘を言わず、空気を読むことなく、本当のことを伝えるのが得意な、あなたの知人が、あなたのエネルギーワークを受けて、感想を口にします。

それは世界中の誰よりも一番信用ができる言葉ではないでしょうか。

嘘をつくことができない、あなたの大切な知人は、そのときに絶対に本当のことを言うでしょう。

もちろん、伝授する側で用意された人や、公募して参加いただいた方でもいいのかもしれません。

でも、あなたが本当に信用している、嘘をつくことができない、大切な知人。

その方が、実際に口にしてくれた言葉の重みが一番強いと思うのです。

その感想こそが、真実。

嘘がつけない知人の率直な感想。

世界で一番力がある、その言葉こそ、何よりも正確でしょうね。

その知人が、「エネルギーを感じた」といったり、「悪いところをノーヒントでよく分かったね」や、「体が調って、ぐんと楽になった」と伝えてくれたら、あなたは一体どう思うでしょうか。

知人が、嘘が言えないのは、あなた自身が一番知っている筈。
その知人の口から出た言葉が、そう伝えてくれた。

きっと、あなたの心の中に、その感想こそが真実であり、現実だという気持ちが、とても強く湧いてくることでしょう。

これこそが、ここの最大の仕掛け。

その場の雰囲気で、なんとなくできているかも、という浅いレベルではなく、忘れることがとても難しいレベル。

講座の時間の途中で、それがもう普通 という感覚になれるから、手にしたものが、一生使えるようになるんです。

これ本当? と、もし思ったら、逆で考えてみると・・・・・・

もし、あなたが、こうした何かを伝授する側だとしたら、この仕掛けがどれほどのものかを考えてみてください。

一人は学びに来た人。
一人は絶対に嘘をつくことができない素直な人。

教える側にしたら、どちらも全く知らない人になる可能性が高いです。

学びに来た人に伝えたものを、その場で実際に使っていただき、もう一人の受け手が何も感じられないとしたら、どうなるでしょう。

教える側としては、本当にそれができないと、かなり怖いですよね。

こんな危険な仕組みは使わず、雰囲気を良くして出来ると思われたところで、本日の講座はこれで完了しましたとしたくなりそうです。

でも、ここではそれはしません。

そう、しっかり手にしていただき、実際に本当に使えるようになるからこそ、こうした枠組みを設定できるんです。
すでに、ご家族のサポートをされている方は、何人もいらっしゃいます。

受講 当日の流れ

9時50分 集合(駅改札前待ち合わせ)

時間厳守。 サロンに徒歩で移動。

10時〜12時50分までは、エネルギーの道を開き、使い方を覚えるく時間。

疑問を解消し、謎を解きながら、使い方お覚えていただき、準備ができたところで、道を開きます。
そして、あなただけの源泉に繋げ、道を綺麗にして、広げていく。
このときに体と源泉に許可された限界まで、道を広げます。

そして、あなたにあった使い方を午後に向けて復習。

12時50分 〜13時は、移動時間

午後から参加いただく、あなたの大切な知人を駅に迎えに移動をする。

13時〜14時は、ランチタイム

少し遅いランチタイムで、食事をしながら、全員で歓談。
午後は実習なので、心と体のリラックス

14時〜17時は、実習時間

午後は、午前中に学んだことを、いきなり実施する。

それも一人で。

講師は、近くで優しく見守るだけで、何もしない。

学んだことを、一人で試していただきます。

午前に手にした「心構え」と「ものの見方」を使い、実際に行います。

既に、手中にしたその技を用いて、嘘がつけない友人を調えていってもらいます。

もし、エネルギーを感じても、また、何も感じなくても、友人は本当のことを言ってくれます。

体が調ったら、そういうだろうし、何も変化がなければ、その通りのことを正直に伝えてくれるでしょう。

あなたにとっても、大切な時間。

嫌が応でも真剣になるので、リラックスした中で集中度が増し、良い結果が手にできるのです。

ここまでで、伝授は終了。

時間の後半は、質疑応答と、参加者の調整の時間です。

できるようになると、視界が広がり、新しいことがわかり始めます。
自分で考えて、わからないこと、新たな疑問などに、お答えいたします。

あなたの源泉と、あなたの資質に合うスタイルでどんな風にすると、よりよく使えるようになるかをお伝えしていきます。

体を預けてくださったお友達の細かなチューニングもこの時にしていきます。
講師はヒントを伝え、実際にするのはあなた。
より緻密な方法を覚えていってもらいます。

最後に、今日からどんな風に進めるか、数日分の心構えをお伝えし、終了です。

17時で終了です

駅まで徒歩でお送りします。 駅前で解散です。

このときのあなたと、あなたのお友達の笑顔の雰囲気が、もう見えるかのように感じています。

受講後の流れ

2週間はメールで質疑応答が可能です。

受講後2週間はメールでも質疑応答を行っています。
疑問や質問を、一つ一つシンプルにまとめてから、ご連絡をいただければ、一つ一つ、分かりやすい形でお答えいたします。

半日の対面フォローセッションがあります。

2週〜4周目の間に、ご希望の方に実施いたします。
出来ることが増えてくると、新たな疑問や質問が生まれますが、微細すぎて文面にしにくいことも、中には一杯あるとおもうのです。
その応答を、このときに実施いたしますので、存分にお使いください。

また、自分の資質やエネルギーの源泉で、できることは、一人一人少しずつ違います。
どんな風に伸ばしていくと良いか、どうしたら素敵な独習が可能か、そうしたヒントもお伝えしていきます。

講座をしたら終わりではなく、講座が起点となり、ここから進んで行きます。
でも、こうしたことによくありがちな囲い込みはしませんので、安心してください。

誰もが受けられるか?

本当に手にする必要がある方にのみ、お伝えしています。
これを手にして、どのように使いたいのか、いくつか質問をいたしますので、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする