朝、怖い顔をしているなと、自分で気づいてしまったら。 ちょっと、してみるといいこと。

こわいかお

えー、何?
なんでこんなに怖い顔なんだろう。
あれ、優しい顔になれない。

なんで?

 
 
 
朝起きて、顔を洗った時に、いつもよりも自分が厳しい表情をして、怖い顔で固まってしまっていた。
 
そんな経験はありませんか?
 
 
それ、もしかしたら、体のどこかが辛いのかもしれないですよ。
 
そんなときにしてみたらいいことは、原因を調えること。

自分で調えていくことで、するすると楽になる可能性が高いです。

一日中苦虫を噛み締めたような顔だと、辛いですよね、

だから、気になったらやってみてください。
 

で、 
 
どんな風にするかというと、こんな感じ。
 
 
痛いとまでいかなくても、どこかに辛いところがないか、体を観察して探してみてください。
 
 
 
辛いところや、痛みを感じているところは、今日のこの時まで、ずっと頑張っていてくれたところ。
 
 
そう、人知れずに、一生懸命、頑張ってくれていたところです。
  
  
  
だから、無言で頑張ってくれているその部位に、「ありがとう」と感謝の気持ちを届けつつ、そっと触れて、心の底から愛でてください。
  
 
そして、なんとなく暖かく感じたり、なんとなく緩んだかもと思ったら、もう一度鏡を見てみると、さっきよりも、柔らかさを取り戻しているのに気がつくはずです。
  
  
どうせなら、朝からそんな風に、優しい顔で過ごすことができたらいいですよね。
  
 
もし、表情が固くなっていたら、ぜひ試してみてください^^