本当にいい お肌への接し方

フェイシャル トリートメントの施術のときに、お肌と会話をしながら、進めていきます。
時々ですが「いつも押さえつけすぎていてちょと辛いの」という声が聞こえてきます。
 
誰の? お肌の声です。
 
 
あなたも誰かと会った瞬間に、あれ?いつもと違うってわかりますよね。
 
体調が悪いのかな? や、凄く元気だな。と感じる事。
 
顔色だったり、目の開き方だったり、呼吸の仕方だったり、動作だったり、いろいろな情報が全体の雰囲気を作り上げていて、違いが瞬時に伝わってきますよね。
   
その感覚をさらに深めたような感じだと思ってください。  
言葉ではない何かが、総合的にそう伝えてくれると思っていただくと、結構近いです。
 
  
 
「美人になる美肌作り」というようなメソッドがブログやHP、テレビや雑誌などで宣伝され、ブームになったときに、気になって行うことも多いと思います。
本屋さんにいっても、沢山あるし、綺麗な方が書かれていることが多いですよね。
 
でも、XX式ダイエットのように、手法を開発された方の体質にのみ効くものだとしたら、運良くぴったり合うかもしれないし、全く合わないかもしれません。
 
お肌や体の基礎的なところの反応はほぼ同じですが、体質や肌質は1つということはありません。 
お肉が大好きで食べると調子がいい人もいれば、お肉はできるだけ食べない方が調子がいい人もいるように、お肌もそれぞれ違うんですね。
  
でも、素敵な人が書いている、綺麗な人がこう言っているから、この手法はとてもいいものだと思い込むと、どうしても忘れがちになります。
 
だから、新しいものや、今実施していることが、肌にどういう変化を作ってくれているかを、観察してみてください。
 
これは私の体やお肌にあっているのかな? 実施してみたら、良くなっているかな? それとも反対に合わないのかな?
 
圧のかけ方も工夫すると変化が現れると思います。 
自分の肌の変化を観察して、自分にあうものを育ててみてください。
  
 
年齢と、体質や肌質は人それぞれ少しずつ違います。
自分にあう本当にいいものを使うようにしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする