欲しいのは そこです、そこなんです。  それだけなのにね。

「あー、そこ!」
  
「そこそこ、うーん、気持ちいい!!!」
 
「今の場所!! あー、そこだったんだけどな〜〜〜〜〜〜」
  
 
 
 
 
あと、もう少し、肩 をしてもらいたいのに〜〜〜〜〜〜
 
あと、もう少し、腰 をしてもらいたいのに〜〜〜〜〜〜
 
 
マッサージや整体などを受けたときに、そんな経験をしたことはありませんか?
 
私は、結構ありました。
 
 

 
これ、もしかしたら、私だけではなくて、
 
実はほとんどの方が、一度や二度は、同じような体験をしているのではないでしょうか?
 
 
 
いきなり話はかわりますが、
 
一昨日のこと。
 
出先で、なんか いいなと思って買った、大好きな 水羊羹! があったとします。
 
 
 
食べてみたら、これが、久しぶりのホームラン! というくらい、とても美味しかった。
大好きなので、一気にたべてしまい、もう大満足。
 
甘党なので、今日、また食べたくなって、わざわざ出向いて買いに行ってみた。
 
同じ味が、もう一度楽しめるんだと思うと、すごい嬉しくなって、家に戻って、渋い緑茶と合わせるか、それとも仲の良い友達のところに行って楽しもうかと、楽しみ方をいろいろ考えていました。
 
会計をすませてから、今日は 独り占め をどうしてもしたくなったので、家に戻り。
心を落ち着かせて、ゆっくり時間をかけてお湯を沸かして、お茶を淹れて、準備は万端。
 
さあ、楽しむぞ! 
 
と、口にした途端、違和感があった。
 
 
これは・・・・・・
楽しみにしていた、あの味ではない。
 
小豆の量や、砂糖の配合、練り具合が違っているのか、味にすごいブレがあった。
全然美味しくないわけではないけれど、あの絶妙なハーモニーが全くない。
  
 
もし、そんなことがあったら、期待していた分、悲しみが深くなりますよね。
  
もしかしたら、今回だけなのかも、と、もう一度くらいは買ってみるかもしれません。
でも、そこで、また味にブレがあったら、そんなお店にはもう行かなくなると思うんです。
 
 
ここで、話を戻しますね。
 
施術を提供している 会社 は、そうなると本当に困るので、いつどんなときでも、一定のレベルを保つことを真剣に考えます。
 
もし、あなたが、その会社の施術者の管理監督をする、責任者だとしたとき。
 
施術者全員が一定の技術を持つことは、絶対に必要だと思いますよね。
 
次に、一定のレベルにするために、考えることはなんでしょうか。
 
水羊羹の味にブレがでてしまうのは、手順やタイミングのズレが大きそうですよね。
だから、施術者が違っていても、常に同じ内容を届けるには、内容を均一化しなければなりません。
 
そう、施術者が誰であっても、全く同一の施術をさせるのです。
 
決められた手順を、時間通り淡々と実施していくのです。
 
そう気がついたあなたは、それを正確に実行するでしょう。
一定のレベルをキープするために必要なこととして。
 
 
すると現場はどうなるでしょうか。 
一定のレベルを保つことが可能になった代わりに、 
冒頭にあった、今の状態の体が求める、個別対応が全くできなくなります。
  

これは、一定のレベルを保持するための仕組みが作り出したこと。

もしそれを避けるには、突破口をどこかに設けなければなりません。

 
 
それを避ける突破口。
 
それは、最優先の基準をガラッと変えること

そう。

「今の体の状態を中心に据える」
 
これ以外にありません。
 
 
 
Hidamariの施術は、まさに、この「今の体の状態」に合わせたものです。
 
性格や、体のつくりは、一人ずつ違うように、全く同じではありません。
生活環境や日々の活動もまた、一人ずつ違います。
 
現在の状態は、一人一人全く違います。
 
だからこそ、今の状態をしっかり把握することを一番最初に行い、また、施術の一番最後まで、しっかりと見つめています。
 
体が発信している、各種情報をしっかりと受け止めて、受け取った情報にそって、施術を実施していきます。
  
 

「なんでそこだって、何も言わなくてわかったんですか」
 
「楽になった途端に、手が別の場所に移ったのはなんでですか?」
 
「あ、私、いつの間にか寝てましたね。 ここまで緩んだのは初めてです。
 もうこのまま、ずっとここに居たいです」
  
「あちこち通いましたが、一番楽になりました」

 
だから、こんな感想をいただけるのです。
 
 
 
施術を受ける側が、本当に欲しいもの。
施術をする側が届けたいもの。

本当は、一緒だと私は思うのです。

もし、そうそう、一緒だよね と思えたら。
ここ、Hidamariではなくてもいいので、そういう 人 や、そういう ところ を選んで使ってみてください!!
 
 %e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e9%81%95%e3%81%86

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする