体の歪みは悪者なの?  いえいえ、ただひたすら頑張っていたから出てきただけ、元に戻すのは根っこから!

この間、窓に映った自分をみて気がついた。
 
え?
 
まさかと思って、真っ直ぐ立ってもう一度見てみた。
 
悔しいけれど、やっぱり体が少し右側に傾いていた。
 
何度か試したけど、気のせいではなく少し傾いていた。
 
ここ最近、肩が凝りすぎて頭が痛いのは、きっとそのせいなのかもしれない。

  
とくに何もしていないのに、なんで、こんなに体は歪むのだろう。
 
歪まなければ、こんなに辛いことはないのに、一体どうしてだろう。

歪まなければ、本当に問題はないのに。

 
 

どうして勝手に歪むのだろう。
 
こんなに辛い思いをする歪みは、私は悪者だと思う。
 
悪くないなら、これほど辛い思いをさせられることはないと思う。

 
 

もし、あなたが、そんな風に思っていたら。
残念ですが、それは間違い、いや、完全な勘違いです。

 
体は、あなたの日々の頑張りに、素直に従ってきただけですよ。
 
疲れ果てても、くたびれても、あなたの気持ちに応えようと、ただただ頑張ってきたのです。
 
日々の小さな癖や、日々の小さな疲れ、それがその日のうちに癒されなくても、あなたの気持ちにずっと応えてきたのです。
 
 
体には、もともと優れたバランスを取る機能が付いています。
疲れても、くたびれても、それでもなんとかしようと、その時々の状態でバランスを取ってくれています。
 
 
細胞は言葉にして伝えることはできず、あなたの思いに従って、ただただ頑張るだけ。
 
頑張って、頑張って、頑張って、あなたを支えて、その結果、今の状態があるだけ。

 
 
悪くしよう、痛くしようなんて、
これっぽっちも、思っていないのです。
 
体
 
だから、もし、その状態を回避したくなったら、小さなことに気をつけて行けばいいのです。
 
どんな風に、これまで頑張ってもらっていたか。
そのことを思い出して、気がついてみてください。
 
どうして、その状態になったか、探ってみてください。
 
原因となった、理由がわかれば、もう気をつけられますよね。
 
少しずつ、元に戻れば、歪み自体が消えていきます。
 
頑張ってくれていた、細胞に感謝して、疲れた部分に手を当てて、ありがとうと本気で伝えてみてください。
 
きっと、緩んで、元に戻ろうとする感じがわかると思います。
 
 
 
今、痛いところは、連鎖の一番最後の部分。

これ以上、頑張るところがなくなると、痛みで限界を伝えてくれるのです。
 
 
そんなときには、痛みを作り出すどこかが緩めば、結果として痛みがなくなります。
 
そうやって、バランスを取り続けてくれていた、疲れた部位が一つずつ緩んで行けば、
何が一番最初なのか、どこが根っこなのかが、いずれわかることでしょう。
 
根っこから変わることができると、バランスを取り続ける負の連鎖が消えてくれます。
 
 
それが何もない一番爽やかな状態です。
 
 
是非、そこを目指してみてください。
 
小さな変化を見つけて、小さな違いを楽しみながら、実施してみてください。
 
 
意識して、変わろうと思い、日々の小さな努力を続けていくと、体はしっかり応えてくれます。
 
 
窓に映るのは、自分らしい自分。 
 
  
どんなに歳をとっても、それが一番です。