こうじゃなきゃいけないと思っていませんか?

%e3%82%b7%e3%83%80
人は誰でも、失敗や成功の経験つんだり、体験をしています。
 
大変な思いをして掴んだ成功は、その人の宝物。
 
だから、とても大切にしてしまいがちです。
 
 
そう、大切にしてしまうんです。
 
個人的に大切にするくらいなら、一向に構わないのです。
 
でも、それが、自分の世界の唯一の正解のように思い込んでしまうと。
 
 
そう、大変なことをしてしまう可能性が出てきます。
 
自分の成功は、他人の成功に繋がる大切なもの。
 
そんな意識から、他の人にもそれを、強いるようになってしまいがちです。
  

これを意識的にそうしているならば、まだ良いのですが、無意識にそれをしてしまうようなると、とっても大変です。
  
 
何しろ、本人は至って真面目。
  
だって、それが成功への唯一の道だから。
 
それしかないと信じているから。
  
 
でも、その成功の道は、とある時点の、とある方法であり。
 
その人だからこそ、掴めたもののことが多いのもまた事実です。
  
 
自分と他人が、同じものを見たり聞いたりしても、感想が異なるように。
 
同じリンゴを食べても、美味しく感じたり、そうでもなかったりするように。
 
全く同じ、完全に同じということは、あまりありません。
 
違いがあることに、気がつけばまだ良いのですが、どうしても、成功をさせたい、自分ならできる、連れて行ける、そう強く思ってしまうと、そこはなかなか見えてきません。
  
 
そして、相手がその素敵な成功への道を利用しないと、
 
なんで、自分のいうことがわからないのか?
 
どうして理解できないのか?
 
そういう思いから、感情を強くぶつけてしまうことがあるでしょう。
 
そうなると、それがどんなに良いものであったとしても、それを受けた人はただ嫌な気持になるだけです。
 
そうして、ついには、従うことは、服従だと捉えてしまうようになるでしょう。
 
服従なんてするものか、そう思ったら、どうにかして逃げようとするでしょう。
  
 
だから、もし、今、自分がそれを強いていたりしたら、違うかもしれないと思ってもらいたいんです。

また、もし、今、何か、こうしなさいと言われている立場であり、とても辛かったら、なんでそういうんだろうと、言っている側の意識がどうなっているかを考えてもらいたいんです。
 
お互いのズレが理解できれば、解決の為の着地点は、ずっと見つかりやすくなります。
 
最後の最後に成功をするために、お互いにどうしたらいいかが見えてきたら、とても変わりやすくなると思うんです。
 
 
人は、過去の成功の体験を、とても大切にしがちです。
  
だからこそ、こうじゃなきゃいけないと思うことから、ほんの少し離れて見る目を持ったらいいと思うんです。
 
今、そうした形で辛い思いをしている人も、時期が来たら役職がつくなどで、する側に回るかもしれません。
 
 
今、そうした辛さを、無意識に押し付けてしまっている形になっている人は、何故そうなっているかを、少し引いた目で見つめてみてください。
 
みんなが、良い形で成功するために。
 
ほんの少しの時間で良いので、是非。見つめてみてください。
 
 
相手を理解し、最終的に持っていきたいところが、自然と理解できるように伝えられれば、そうした辛さが続くことから抜け出せるでしょう。

辛さが減ったら、あとはどうやって、上手く活かせるか、そこに集中できそうですね。
 
 
心と体の負担を、ほんの少しでも減らせたら、私は嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする