毎週マッサージに通っているのを、そろそろ どうにかしたいと思った時に気をつけるといいこと3つ。

駅前整体やあちこちにあるクイックマッサージは、
我慢の限界を超えた辛さを、気になったときにその場で楽にしてくれるので、とても嬉しいですよね。
 
もう駄目かもというときに、楽になるから、とても幸せになれます!
 
 
それでも、もし毎週通うのが、何ヶ月も続いているのならば、何かの病気も疑ってみたほうがいいのかもしれません。
 
あ、病気は何もなくて、至って健康ですか。 

そうであるならば、その辛さは、あなたが自分で育ててしまっているのかもしれませんよ。
 
 
 
え、 私が ????
 

と思いますよね。
 
 
 
そう、このパターン結構多いのですが、気がつきにくいんです。
行けば楽になるからいいやって思うので、自分自身のことをあまり見なくなるんですね。
 
 
 
あなた自身で辛さを作り出し、駅前整体やクイックマッサージでどうにかする。
 
一瞬幸せになっても、時間と費用を出しているのはあなた。
 
原因を作り出しているのもあなた。
 
 
 
もし、仮にこれが、現実だとしたら、ちょっとどころじゃなくて、かなり勿体無いですよね。
 
 
 
そこで、その連鎖を断つために、必要なことをお伝えします。
 
 
実施して、少しでも改善できたら、通う回数を減らせそうな気がしますが、いかがでしょうか?
 
 
え、簡単ならしたい?  
 
 
はい、簡単です。
 
 

はやる気持ちはわかりますが、答えのまえに、すこしだけ時間をください。
 
喉が痛いといっても、理由がわかれば、処方が異なるように。
何故かがわかれば、行動がしやすくなります。
そこで、まず、今を見つめてみましょう。
 
 

少しでも良くなるための現状認識

 

 疲れや痛みが溜まってくる
  ↓

 我慢ができなくなるほどになってきた
  (もうすぐそうなるほど辛い)
  ↓

 クイックマッサージや駅前整体を見つけて飛び込む
 (もしくは、いつものところに予約をする)
  ↓

 施術を受ける
  ↓

 楽になる
  ↓

 日々の生活
  ↓

 最初に戻る

 
今のサイクルはこんな感じでしょうか。
施術の終わりにアドバイスを受けても、痛くないと何もしないことが多いですよね。
すると、このサイクルがまたやってきます。
 
 

ここに この3つを注ぎ込みます。

 

・ 体を慈しむ

 

・ 左右差を見つける

 

・ 理由を見つける

 
 
たったこれだけです。
 
そう、たったこれだけ。
 
でも、この視点や意識があり、それぞれに付随する行動で、次第に変わっていきます。
 
 
 

・ 体を慈しむ

あなたが寝ている時も、消化をし、呼吸をし、心臓を動かし、明日に向けてメンテナンスをしてくれている体を、
本当にありがたいなと、本気で思ったことがありますか?
体なんて自分の思い通りになるともし思っているならば、整体やマッサージなんて行かなくていいはず。
でも、行っているならば、違うんだと気がつけると思うのです。
だから、思いを改めて、これまで頑張ってくれていた体を労ってあげてください。
労をねぎらう気持ちがあるだけで、あなたを支えてくれている細胞は嬉しくなります。
今、痛いところが、頑張ってくれていて、限界だよと伝えてくれているところなので、そこに手を当てて意識をしてみてください。
 
「頑張ってくれていてありがとう。」
 
「これまでも、これからもずっと宜しくね。」 と。
 
 

・ 左右差を見つける

右足が痛いと思ったら、痛いところを触ってみてください。
そして、反対の左足の同じ部位を触ってみてください。
左右の硬さや緊張度合いなど、何かが違います。
 
両方痛い場合、痛い方を中心にして、反対の方を探ってみてください。
必ず、小さな違いがあります。
 
そこが、今最先端で頑張ってくれているところです。
触れて違いがわかると、慈しむ気持ちが生まれます。
思考ではなく、心でそう思うので、体への影響が強く出るようになります。
 
 
 

・ 理由を見つける

痛くなるのは、頑張っていて、限界がきた証拠。
もうこれ以上は危険だよと、口を持たない細胞が教えてくれているのです。
そこで、その理由を見つけることができるのは、細胞のご主人たる あなた だけです。
 
 
上記の例の場合であれば、最近、左足のつま先をぶつけて、痛くかったけど治ったと思っていたのに、治りきらないから右足をいっぱい使って、疲れていたのかもしれません。
 
 
痛い部分は使い過ぎていた部分なので、反対側にも気を配ってみてください。
 
数日前、1週間前、数週間前、1ヶ月前、数ヶ月前、数年前 と 時間を遡ると何かが見つかるかもしれません。
 
 
これは関係無いと、頭で思い込まずに、これかなと頭に浮かんだものを、大切にしてみてください。
上記の例の場合であれば、左足のつま先をもう一度みて、僅かな不具合を調えてあげると、左足が普通に使えるようになります。
すると、右足が左足をカバーして頑張る必要がなくなるので、結果として疲れがとれ、痛みが引くのです。
原因を探る時には、その部位を支えている、地面に近い側の肉体にヒントがあることが多いので、
もし腰が痛いなら、膝や踝(くるぶし)、踵(かかと)や つま先などに注目してみてください。
 
 
 

まとめ

根っことなっている原因に手をいれれば、それ以降の負担は大きく減ります。
 
負担が減れば、楽になるのは、もうわかりますよね。
たった3つのことですが、大きな働きをしてくれます。
 
繰り返す酷い肩の凝りが、巡り巡って、実は、つま先に原因があったということもよくあります。
だから、そこは関係ないだろうと一蹴せずに、体を気を配って、あなたの体を癒す旅を楽しんでみてください。
 
毎日の負担が減れば、楽しい毎日を過ごせるようになります。
どうせなら、その方が楽しいし、嬉しいですよね。
 
というわけで、この3つを使って、楽しんでくださいね。