あなたの気持ちの「で」と「が」は、とっても重要な意味を持っていた。   《心が豊かになると体も豊かになる》

心と体はとても近しく、不可分(ふかぶん=わけることができない)です。

不可分なのに、心を大切にしないまま、負荷をかけ続けていると、体にも強く影響がでます。

そのままでいると、体の調子が落ちてきます。

調子が悪いの好きですか?

もし、調子が悪いなと思っていて、そこから脱出したかったら、
小さなことに目を向けてみてください。

そこで、使うのは  「で」 と 「が」 です。

ここに気がつくと、日々の心の負荷が減ります。
心の負荷が少しずつ減ると、楽しくなります。

効果があるのに、
これ、とっても簡単です!!
年齢を問わず誰でもでできるし、今元気な人はきっと無意識にできていることでうs。
それは、こんなこと!!
普段選んでいるものや、行動などの行為を、
私は、どっちなんだろうと見つめてみるだけです。

仮に、あなたがケーキが大好きだとします。
味わいが深いモンブランも好きだし、歯ざわりまで楽しいミルフィーユも好きだし、
軽やかに香る紅茶のシフォンケーキも好き、濃厚なチョコレートケーキも好き、
フルーツがたっぷり入っているのも大好き。
そんな人だとします。

あなたの目の前に、とても美味しそうな色艶をしている、
チョコレートケーキがあります。

その隣には、これまた鮮やかな色をした、イチゴのミルフィーユがあります。

どちらか一つを選んでみてください。

そのときに、あなたが、そこでどう思ったかを見つめ直してみるのです。
ただ、それだけ!
たったそれだけです!!

チョコレートを選んだ時はこちら

チョコレートケーキ  良い なのか
チョコレートケーキ  良い なのか どちらだったでしょう。

イチゴのミルフィーユを選んだ時はこちら

イチゴのミルフィーユ  良い なのか
イチゴのミルフィーユ  良い なのか どちらだったでしょう。

もし、あなたが本当に好きなものを選んでいたならば、
きっと、「が」 だったでしょう。

もし、「これくらいでいいや」 とか 「こっちで」 ならば 「で」 だったでしょうね。

同じように選ぶことができるのに、もしいつも「が」じゃなくて「で」を選んでいたら、
一番好きなものを遠慮したり、今は無理だからと理屈をつけて、小さな我慢をしているのです。

その我慢は、すごく小さな負荷ですが、こうした選択を常に続けていると
「で」を選ぶ変な思考の癖がついてしまうので、注意が必要です。

どんなに小さなものとはいえ、できたら負荷が少なく、より楽しくなれる
「が」を選びたいですよね。

理屈がわかったら、今度は選ぶ前に、
どっちが自分にとって、「が」なのだろうかという選択肢で考えていけばいいのです。

仕事でも、趣味でも、日常のことでも、
その全てを「が」に切り替えていけば、満足度が上がります。

満足度が上がると、心が豊かになり。
ハッピーな気分になると、不可分な体も同時にそれを味わっているのです。
これを知ったあなたは、今すぐ行動に移せば、
その行動をとった時点から変わっていけます。

誰かに操作されたり、誘導されたりすることもなく、
とても安全に、あなた自身の気持ちで変われます!!

追記: <関連記事>

4月末まで、こんなことしています。
よかったら、こちらもご覧ください。

心に風を!! 有効期間は4月末まで。 会話だけを取り出してみました。