自分の体が好き? それとも嫌い?  その理由は?

もし、あなたが、自分の体なんて嫌いだと思っていたら、それは、とんでもなく 勿体ないことだと、私は思います。

もしも、その理由が、なんだか すぐに疲れてしまったり、歳をとって肩が動きにくくなったりすることだったり、ここ最近の流行りだったらストレートネックで辛い思いをするからだとしたら、それは、自分の体のせいではなく、体の使い方の問題。

そこに気がつけば、体は ぐんぐん変われるし、快適な状態でいられるのに、使い方の問題を、問題と思わずに、ひたすら使い倒して、くたびれた体にムチを打ったままで放りっぱなし。

それでいて 自分の体のことを  思い通りにならないから 嫌いだ と思っていたとしたら、本当に勿体ないこと。

辛さが出るには、大抵の場合は、相応の理由があります。

その理由を探るには、一体何故なんだろうと、疑問を持てばいいのです。

疑問が出たら、何故そうなるかを観察して、気になるところを見つければいいのです。
そして、それを、どうしていけば、気にならなくなるか、悪くならないかを推論を立てて、試してみればいいのです。

最初は確かに面倒に思うかもしれませんが、何度もやっていけば、結構それが普通に出来るようになってきます。
やらないから できないだけで、ちょっとしたことだから、そう難しくはありません。
少しやってみて、慣れれば結構簡単。

まずは疑問を持つことから、初めてみてくださいね。

空

そして、もし、そのための時間が取れないし、もっと早くコツを掴んで上手になりたいな と思ったら、
こちらの このメニュー が役に立つことでしょう。

もの すごく楽をしたかったり、忙しくて、すぐにどうにかしたいと思っていたら、チラ見してみてください!!