ふと周りをみて、わかった大きな違い。  歳をとりにくいコツを発見。

私もあと少しで51歳です。

なんだかんだ、そこそこ歳をとってきたなーと感じてはいたのですが、歳をとるスピードがどうも少し遅いらしい。

見た目は、元々老け顔ではあるけれど、老化のスピードが、かなり遅いみたいだなと、本日改めて気がつきました。

なんでだろうと、持ち前の追求する心が、あれこれ理由を探し始め、そこで、思ったのが、エネルギーを良く流していること。

と、思ったけれど、エネルギーを自由自在に使えるようになったのは、そんなに以前からではないなと気がつきました。

だから、それだけではなく、他にも何かか大きな理由がどこかにある筈。

そう考えて、ついでに 得意の体にも訊くことをしてみたところ、答えが見つかりました。

それはこれ。

呼吸 です。


そう、特に、意識があるときの呼吸の仕方が、かなり違うんです。

丸く吸って、丸く吐く。

吸って吐いての 上死点 下死点となる止まる部分が ほぼない呼吸。

永遠に続く、大海原のたおやかな波のように、どこにもトゲトゲしたところがない、緩やかな呼吸。

放っておくと、息をするのをつい忘れてしまう位に、ゆるい呼吸。

数を数えてみたら、体を動かさず、静かなときには、1分間に3回程度。

そんな呼吸が、とても効いているようです。

良いものを見聞きしたら、すぐに真似をしてみたらいいと思うのです。

ただ、真似をするにしても、いきなり3回はさすがに急で、すぐには真似はできる人は少ないと思います。

でも、こうした呼吸をつ帰るようになるコツはいくつかあり、それを掴むと、とても緩やかな呼吸が手に入りやすくなります。

この呼吸が手に入り、普段の呼吸が緩やかになると、どうなるかというと、幾つかの効能のような特徴があります。

それは、まず気持ちが落ち着くこと。
それから、とても穏やかな心で過ごす時間が増えること。
更に、集中できる分、仕事の効率も上がります。
それから、とてもいいのが、変なイライラ感が存在価値を失い、あまりそう思わなくなります。

少しのコツと、少しの基礎トレ。
実践が少し必要ですが、きっと 3−4ヶ月もしたら、かなり近い感じの呼吸ができると思うのです。

もし、地道に続けていけば、数年もせずに、ほとんど同じになれる筈です。

数年先を見据えてみたら、これって結構楽しいし、何よりも、手に入るものが大きいと思うんですが、興味のある方はいるかしらね^^

興味がある方がいらしたら、自然なアンチエイジングが可能な、呼吸の美 の塾でも  始めようかなと思っています。

10年後 いや 5年後に、やっておいてよかったと 絶対に思うような楽しい、アンチエイジング。

いや、逆らっていないから、抗のエネルギーはない、とても自然な方法です^^

海でもうすぐ51歳です。

”興味がある”  ”始めてみたい” と もし思ったら、今がチャンスです。
そんなときには、こちら からお知らせください。

一緒に楽しみましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする