体を調えるのは、恥ずかしいことじゃない。 と 思えればずっと楽しくなる。

若ければ若いほど、自分の体のことを、あれこれ口に出すのは「みっともない」とか「恥ずかしい」ことだと思っているのが普通かもしれません。

ところが高年齢になるに従い、人が集まると当たり障りのない話題として「私はここが悪くてね 」とか「私は、ここがあなたよりも悪いんだよ」 と、悪いところが話題になるのを、なんとなく感じているのではないでしょうか。

体の不調を笑い話として語れるくらいに元気ならば、それはそれで、いいことだとは思うのです。

でも、もし、もっと以前に、体を調えることが恥ずかしいとは思わずに、誰かと語り合えたり、良くするための情報をシェアして改善ができたら、もっとずっと気が楽だったと思うのです。

気が楽というのは、気持ちの負担が少ないこと。

気持ちの負担が少ないと、体もその分楽になります。

なので、同じようなことで悩んでいる人が、一緒に良くなっていけたら嬉しいし、また、誰かが先に良くなっていくと、未来が明るく感じられると思うのです。
一人だと、ついつい内にこもりがちになり、仮にネットで情報を調べても、直接生の声を聞いたり、実際にあって雰囲気を察したりはできません。

状態が改善し、お互いに良かった良かったね!! と 一緒に楽しめることってないと思うのです。

だけど、恥ずかしいことでないと思えたら、その方向に近づくことができます。

だから、ほんの少し、勇気を出してみてください。

きっと、自分と同じように生きていきたいなと思っている人と繋がれるでしょう。

Hidamarでは、とても小さなことですが、こんな試みをしています。

MDノート-

調えたい部分は、人それぞれで違いますが「こんな風にもここって使えるんだ」「この人は、同じことで悩んでいたけど、もう楽になったんだ」そんなことが、少しでもわかったらいいかなと思い、感想ノートを作って、情報をノート経由でシェアをし始めました。
直接ではないけれど、このノートを通して、見えない繋がりができたようで、ほっとした顔をする方が増えてきたので、この感じをもっと育てていこうと思っています。

こうしたことは、ここHidamariででもいいし、あなた自身ででも、同じように何かができると思っています。

だから、体を調えるのは「恥ずかしいこと」だという思い込みを外してみてください。

きっと、それだけでも、心が軽くなると思うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする