正しい左右差をできるだけ正確に知る。 それが全ての近道。

%e6%89%8b 
あなたは、自分の体の「左右差」ってどの程度あると思っていますか?  
 

ありそうですか?
 
それとも、無いですか?
 
  
なんとなく、ありそうと思っている人は、タイトルから、きっとあるんだろうなと思っているかもしれませんね。
 

いや、そうじゃなくて、ちゃんと あるよと 思っている人も、 え、そんなの無いよ と思っている人も、なぜそう言い切れるのでしょうか。

 
 
どうやって、そう思ったのでしょうか。
 
どこかを計ったのでしょうか?
 
それとも、なんとなく?
 
それとも、鏡を見て?
 
 
 
勿論、ウエストみたいに数値で現れたり、筋肉量などが見た目にも現れているものであれば、すごい説得力がありますよね。
  
でも、実際のところ、体の各部を そこまで把握していますか?
 

正直、あまり無いですよね。
 
 
だから、ほとんどの場合は、主観での判断だと思うのです。
 
 
特に確証はなくても、なんとなくそう思っている。 
そして、そう思い続けると、それが当然となり、次第に絶対にそうだと感じていきます。 
それ以外には無いと信じていきます。
 
 
そうした思いが強くなると、実際とのズレが生じても感じにくくなります。
  
 
  
実は、ここに、そのギャップがあると、よく無いんですよね。
  
  
 
 
自分の体はこうだろうという思い込み。
 
そこが全てのスタートになります。
 
 
つまり、簡単な言葉で言うと、ボタンのかけ違いが生じててしまうのです。
 
シャツのボタンなら、かけ違いは、なんか変だなとすぐに気がつきます。
 
でも、思い込みのズレは鏡で見え無いから、分かりにくいんですよね。
 
ずれていないと思っているから、そうは思えない。
 
ずれていないと思っているから、指摘を受けても、それは違うと言い切ってしまったりもする。
 
 
それ以外にも いろいろあります。
 
 
  
 
実際の肉体ですが、利き手がある以上、よく使う側が筋肉があるでしょう。
 
足だって利き足があるし、目だってそう。
  
  
となると、鏡図形のように、左右が全く同じって人はほとんどいないでしょうね。
 
なのに、ほぼ同じだと思い込んでいたら、ずれまくり。
 
ずれているのに、ずれてないつもりになっている。

もう、ずれまくりですよね。
 
 

 
ここまでわかると、なんか滑稽ですよね。
 
チャップリンの映画で、本人はいたって真面目なのに、第三者的視点で、それを観察するようにみている、あんな感じで!
 
 
 
 
イメージと実際のギャップが少しでもあれば、その先々のズレはやっぱり大きくなりますよね。
 
 
  
そのズレがないと思って、あれこれしていても、ズレているから、ズレが拡大するばかり。
だから、あれこれ、わからなくなるんです。
 
 
 
逆に言えば、こうであろうという思い込みを一旦手放して、本当の状態を観察することで、それを回避できます。
 
 
思い込まず、観察では状態を淡々と把握する。
 
 
正確に把握することで、左右差の実際がわかる。
 
 
コンピューターに、正しい情報を入れたら、正しい答えが出てきやすくなります。
 
自分の体も同じ。
 
正しい情報を手にして、どうしたらいいのかを、余計な思いを抜いて、淡々と実施していけば、本当に望んでいた答えに近づけるのです。
 
 
ここまでわかってしまったら、あと、何をするかは、もうわかりますよね。
 
全てはそこから。
 
  
%e6%9c%aa%e6%9d%a5そこさえ押さえてしまえば、自分の体について、本当の意味でプロフェッショナルになれるのです!!
 
 
楽しみつつ、淡々と感じ取ってみてください!!!