首休ませていますか?  西瓜(すいか)の重さと、頭の重さって、結構近いようですよ。 ストレートネックで困っていたら知っておくと、ちょっといいこと。

店先に、西瓜(すいか)が出回ってくると、夏だなと感じますが、もう見つけましたか?
私の周りでは、ちょっと前から目立つようになりました。
 
最近は、丸玉を一つ買うことは、大家族でないと、なかなかないと思うのですが、丸いままって結構重いんですよね。
 
西瓜の真下に手を入れると、垂直に重さが伝わるので、まあ頑張れると思うのです。

pict-01

でも、少しでも斜めにしてみたら、もう無理っていう感じの重さだと思うのです。

なにしろ、標準的な大きさの西瓜は5kg近いとのこと。
確かに2Lのペットボトル2本くらいは、果汁をたっぷり含んでいそうですものね。
  
 
ところで、この重さって、人間の頭部と同じくらいって知っていましたか?
 
体重の10%くらいが、ちょうど頭部の重さと同じらしいのですが、膝枕をしたことがあると、確かに そうかもと思うかもしれませんね。

そんな重さのある頭部。
 
普段、どんな感じで背骨の上に乗っているでしょうか?
 
今は、起きてから寝るまで、ほとんどの方が スマホを見ていると思うのですが、
気をつけていながらも、ついつい下向きになりがちですよね。
 
そんなときに、5分に一回でもいいので、ちょっとでも休めれば、首がとっても楽だと思うのですが、夢中になると、ついつい、ずっと下を向いて、俯いたまま。
  

腕だって、数分で疲れ果ててしまう重さを、30分以上ずっととか、もっと長い時間ずっととか、首的には、きっと勘弁してくれという感じですよね。
 

でも、ご主人の命令とあれば、従うしかない首は、ただひたすら我慢するだけ。
 
首の後ろの方では、頭部がそれ以上倒れないようにと、ずっと引っ張っている筋肉もいるって知っていましたか?
 
それが、ずーっとだと、さすがに筋肉も疲れるし、首の骨と骨の間にある、椎間板も潰されたまま。
 
腕なら悲鳴を上げているところですよね。
 
そんななかでも、時々休憩があれば助かります。
 

足なら正座をずっとしていたら痺れてしまうので、足を崩して休むでしょうが、首はじりじりと凝るだけで、椎間板がずっと潰されていても、直接的な痛みは足ほど感じません。
 
特に強く痛むこともないし、足のように痺れないとなれば、危険な感じがしないから、ずっと下を向いたまま。
 

なかなか休憩時間がやってきません。
  
なので、首は全然休めません。
 
  
それが毎日のように続けば、どうでしょう。
ストレートネックにもなってしまうのも、なんとなく分かりますよね。
 

もし、最近、頭が重かったり、気分がすぐれないなと感じていたら、5分に一回でいいので、俯き(うつむき)をやめて、少し胸をはって、軽く仰ぎ見るような動作をして、首に瞬間的な休憩をいれて、少しでも楽な状態を作ってみてください。
 
 
そして、もし可能ならば、スマホの位置を、腕が楽で、首の負担が強くなる、肘を後ろに引くのではなくて、腕を体側につけて、脇をしめて、少し上にあげると、首が楽になります。
 
電車の中や、待ち合わせ場所などで、長時間見続けていると、肘を後ろに引いた腕が楽な姿勢になりがちなので、ちょっとどんな感じだったか確認してみてくださいね。
 
pict-02
 
脇を締めて、腕を体側につける姿勢なら、腕が疲れたら、休めむタイミングとしても使えるので、適度に休憩をとることが自然とできるようになります。
 
誰かと繋がる時間や、気になるニュースなどの情報を手に入れることも大切ですが、もし、だらだらと動画を見続けてしまうような感覚が大きかったら、大切な体を守る観点から、そんな風に、小さな休憩をいれるのもいいかもしれません。
 
 
 
未来の快適なあなたの体は、今のあなただけが作り出すことができます。
どうせするなら、快適さが増す良い方向の、塵も積もれば山となる をしていきたいですよね。 
  
集中している時ほど、時間の経過が思ったよりも早くなるので、そんなときほど、ちょっとだけ気を付けてみてください!!