自分の体との付き合い方: 踵と、周辺の骨が緩むと楽になる!   普段意識しない部位について。

足裏って凄いなと、いつも思う。

だって、2リットル(2kg)のペットボトルを二つも持ったら、かなりきついのに。

その10倍以上の重さを、足の裏で受け持つんでしょ。

さらに走ったり、階段登ったり、坂を下りたり。

靴底がかなり衝撃を吸収しやすかったとしても、結構キツそう。

自分がその細胞の役割を担いたいかと思うと、別の部位がいいなと思っちゃう。

そんな足裏で、特に踵。

歩くたびに最初に接地するから、ショックを吸収しまくりの筈。

踵の骨と、そのちょっと前のあたりが、詰まってくると、体が渋いような、重いような嫌な感じになる。
普段は意識しない部位だから、そこが関連しているなんて、なかなか気がつかない。

気がつくのはもっと上の、膝やら腰ばかり。

だから、今日だけでも、いいので、ほんのちょっと気持ちを傾けてみてほしい。

どうするかというと、指先で触れて、左右の差を比べるだけ。

足
踵のちょっと前の、ちょうど踝のすぐ下あたりの、内側の凹んでいるところに触れて、左右で差があるかをチェックする。

もちろん、両方揃って凝っていることもあるかもしれないけれど、利き手と同じように利き足があるので、どちらか一方が凝っていることが多い。

凹み具合が少なく、固く腫れている感じが、凝っている状態。

どちらかの凹みが少ないなら、凹みが少ない方が、頑張ってくれていた側になる。

そここそが、今日のポイント。

あなたが、体に感謝して、癒すべきポイント。

揉まないでいい。

揉む必要はない。

ただただ、心の底から感謝して、ありがとうと伝えながら、さするだけ。

たったそれだけのことでも、体は変わる。

いままで、一度たりとも感謝されていないのに、いきなり直々に感謝されたら、あなたが嬉しいのと同じ理由。

踵に負荷を与えたことがあったら、その時のことを思い出して、「あの時はすまなかったね、ありがとう」

そう伝えながら、そっとさする。

マラソンで走ったのか、ちょっと高いところからジャンプしたのか、階段で駆け下りて、最後に派手に着地したのか、何か思い出したことがあったら、同じように、ありがとうと できるだけ伝えてあげる。

たったそれだけのこと。

だけれども、踵とその周辺の細胞はとても嬉しいので、体はそれに合わせて変わっていく。

緩んでいく。

しばらくさすって、反対の足と、触り比べてみれば、きっと、言っていることがわかると思う。

大切なのは、こう言えばいいんでしょとか さすればいいんでしょ ではなくて、本気でそう思うこと。

細胞一つが一人の人と同じ感じで、語りかければいい。

それこそが、とても大切なこと。

すべての基本。

体の細胞は、全部自分のものだとばかりに、無理を強いているよりも、感謝とともに生きていけたら、それこそが、心地よい幸せに繋がっていく。