できるようになる。 新しいステージへ  体と仲良くなれる方法を伝え始めています。

シェアノート

毎週どこかに通って調えている人や、もうずっとそうなんだと諦めている人。
 
不調だから病院に行っても、何も問題がないと言われ、でもずっと辛い人。
 
酷い擦り傷や切り傷などがついた肌や、術創(じゅつそう=手術の跡)が目立っているとき。

 
 
そうした不調を調えていくのに、これまでは技量が大切だろうとの思いから、技量を磨くことを中心に据えていました。
  
その結果、技量はあがって、できることも増えて、確度も精度も向上しました。
 
 
癖毛はどうにかなりますか? というような直接関係ない無茶振りすらも、体(細胞)に訊くことで、それが成り立つことが多くなってきたのです。

最近の髪の毛の変化はこんな感じ。
  
術創の改善(再手術の跡の改善。 最新レーザーよりも負担が少なく良かったとのこと) 
 
 
 
肌や髪の毛は、技量の部分が大きいので、技量を伸ばすことで変化が大きくなります。
 
しかし、体の不調は、技量の向上だけでは、ここまでかなと思われる限界点をまた同様に感じてきました。
 
 
とはいえ、そこで終わりにしたら終わりです。
 
 
そこで、なぜそれが起きるのかを観察していくと、ご自身の意識と体の繋がりがもっと密接になると良いんだな、と、わかってきました。
   
  
ここで、ほんのちょっと、学生時代を思い起こしてください。
 
勉強しなさいと誰かに言われても、なかなか身につきませんが、勉強が面白くなると進んでしていきますよね。
 
言われてするのと、進んでするその差は、5年、10年と経ったとき、どちらが良いかは誰もが感じる通りのこと。
 
  
 
日々の体との付き合いも一緒です。
 
どうしたらいいかをもっと詳しく知り、楽しく使いこなせるようになることこそ、本当の意味で求められているものだと感じてきたのです。
  
 
そこで、それをどうしたらいいかを考えました。
 
それを正確に伝えるにはどうしたらいいか。
 
それに、何よりも、楽しくわかるには、一体どうしたらいいのかと、ずっと考えてきました。
  
ワクワクすることががなければ続きません。
 
 
それを確実に手にしていただくにはどうしたらいいかを、ずっと探り続けていくと、一つの大きなヒントが見つかりました。
 

それは 感度 です。
 
  
感度があるレベルまで高まっていないと、難しいとわかりました。
 

逆に言えば、感度が高くなれば、その可能性が誰にもあるのです。
 
 
それから、心の状態。
 
誰かに依存するのではなく、自分でどうにかしたい。
そんな意識や意思の有無です。
 
 
当然、それがないと成り立ちません。
  
 
なので、回数を重ねて調えてくださっている方で、この二つの準備が出来てきている方に、少しずつご案内をしてきました。
 
 
* 何度か通っていただいている方で、私はこれをしてもらっていない、私はまだなのかなと残念に思わないでください。
  これを始めたのは、つい最近のことなので、まだ巡り合っていないだけです。
  準備ができていたら、これから、どんどん覚えていけるので、安心してくださいね。
 
  
体は、30年、40年と続いてガチガチになっている状態であっても、リセットプログラム ボディ&マインド(思考)の施術を何回か受けることで、どんどん楽になっていきます。
  
 
初回でもかなり楽になり、そこで十分だと思われる方もいらっしゃいます。
痛みや不快感は、容認できる範囲が人ぞれぞれなので、その閾値(いきち=感じるために必要な最小の刺激の量)を超えない状態になったことで終わりにされる方も。
   
ですが、その後の体の反応を見ながら、適切なタイミングで2回目、3回目と回数を重ねると、まるで薄皮を剥いでいくかのように、更に楽になっていきます。
本来こうあったであろうという、その部分に近づいていきます。
  
  
ある程度、体が緩むと心も緩やかになります。
すると、あらゆる感覚がどんどん戻ってきます。
  
感覚が戻り、感度が高くなるにつれ、体のことが段々とわかってきます。
 
今、この瞬間に緊張が走ったとかは勿論、緊張の直前の状態がなんとなくわかってきたというように、変化を感じやすくなります。
  
自分の体を、過去の思い込みや、集めたり聞いたりした知識という、余分なフィルターを外して観察することができるようになります。
 
そうなったときに、冒頭の「体と仲良くなれる方法」を口頭で伝えながら、感じて行っていただくと。
 
あ、体ってこういう風にすると、本当に変わるんだということを体感をしていただけます。
 
 
サロンでは場を調え、体が変化しやすい環境にしていることも、実は大きいのですが、大切なのはそこではありません。
まずは自分自身で観察して、意識して、感謝の意を伝えることで、どう変わっていくかを体感することなのです。
 
どことどこが、どう連動しているのかを、体感で感じ取っていただくことで、変わっていく経験を積みます。

経験を積み重ねることで、ご自身の常識を書き換えていきます。

そうして、変わるんだと理解ができるようになると、どうなるでしょうか。
 
そう、もう、これが普通だと思われる世界に足を踏み入れていけば、本当の意味でのセルフケアができるようになります。
 
 
何かをしないといけないという、手技がベースのセルフケアではない、もっとシンプルな、それでいて確実性がある方法を、お伝えし始めています。
  
 
一行でいえば、
  
余分な意識を持たずに、淡々と観察をし、感謝をし、変化を知る。
  
 
これを、適宜繰り返していくと、どんどん体も心も穏やかに、晴れやかになってきます。
 
すると、今をリアルタイムに感じられるようになり、直ちに調える準備ができるようになっていきます。
  
 

正直にいえば、サロンの経営的には、こんなことをせず、すべてを秘密にしておいて、何度も通ってもらうほうがずっと美味しいのに、それよりも、ご自身で、ご自身の人生を徹底的に楽しむことができるお手伝いが大切だろうとの思いから、そこを最優先として、すでに何人かには伝え始めています。
  
 
 
  
 
ここは、そういうサロンなんです。
 
良かったら、是非どうぞ。 
 
 
回数を適切なタイミングで、ある程度重ねることで、半年後には違う世界に居られるはずです。 
 
 
本気で変わっていきたい方にだけお使いいただければ幸いです。 
  
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする