思い出すだけで分かる「肉体年齢」チェック!

とっても簡単にできる「肉体年齢」のチェック方法です。

電車に乗って、入口脇にある握り棒を掴んでいるときを、思い出してください。
ただ思い出すだけです!!

さて、そろそろ 思い出しましたか?

二つある選択肢のうち、どちらのスタイル?

1)腕は 軽く曲がっている

曲げ

2)腕は いつも真っ直ぐ

まっすぐ

では

早速ですが、回答です!!!






あなたの肉体年齢はこちら

 1)腕は 軽く曲がっている を選んだ方

   肉体年齢は、若いままです!!

2)腕は いつも真っ直ぐ を選んだ方

    肉体年齢は、思っているより、若くはないようですよ。

やったー!! という方、この調子で頑張ってください!

えーーーー ??!! っという方、ここから先をご覧ください!!

解説

体は省力化がとっても好きなので、とにかく楽をするために 「今の状態」に合わせて「一番楽なスタイル」を「無意識」に取ります。

電車は不規則に揺れます。
倒れないように、一番楽なスタイルを自然ととります。

そのスタイルが、今の状態を教えてくれます。

1)腕は 軽く曲がっている の場合

体の各部の筋肉や関節が素早く動けて、柔らかく反応できるときには、電車の揺れに合わせて都度バランスを取っていた方が、筋肉をあまり使わず楽。
なので、素早い反応で動けるようにと腕は自然と曲がった形になります。

ビシッと固め続けるよりも、ちょこまかと小さい動きのが楽なんですね。

 2)腕は いつも真っ直ぐ の場合

体の各部の筋肉や関節が減ったり固くなって、素早い反応がしにくくなると、無意識に腕がまっすぐになります。
肘を伸ばして固定していた方が、電車の急な動きに合わせて、反応速度が必要な細やかな動きをずっと続けるよりも楽。

腕をビシッと伸ばして試してみるとわかりますが、あちこちの筋肉が結構さぼれます。
固定しっぱなしのほうが、反応の遅れをカバーするために使う分が少なくなって、だいぶ楽なんですね。

で! 肉体年齢を若くするには!?

無意識に、腕を いつも真っ直ぐにしていたならば、体の「柔軟性」と「筋肉量」が「自分で思っている」よりも 減っている可能性があります。

なので、「柔軟性」と「筋肉量」について意識していくところから始めましょう。
人は赤ちゃんから始まり、いずれ老年になります。

赤ちゃんの柔らかさや瑞々しさ、年老いて年齢を重ねた雰囲気は知っていても、自分の中の体験や、内なる感覚は、どの時期も、全部初めて経験することばかりです。

だから、内なる感覚がどうなるかは、そのときになってみないと正確にはわかりません。

初めての体験が「これでいいんだ」と、ついつい感じやすくなっていることに、まず気がついてみてください。

「比較がゼロ」の状態は、「大丈夫これで普通」とつい安心してしまうので、ほんのちょっと危険です。
なので、他者の平均付近とまず比べてみましょう。
違うのはどこだと自分で思いましたか?

筋肉の量? 間接の柔らかさ? 運動していなかったから? 食事? 体操? ストレッチ? 年齢?
どんなことでもノートに書いてみてください。

そして、同い年で、元気な人との差を、自分と比較してみましょう。

そこで、どう違うかを調べてみてください。

きっと小さな違いに気が付くと思います。

もし違いがわかりにくかったら、

自分よりもずっと若い人と、自分を比較して調べてみてください。

すると大きな違いに気が付くと思います。

まずは、その違いを見つめてあげることから始めると、

どこが足りないか、どうしたらいいかが自分なりにみえてきます。

自分なりに気がついた部分に、改善の糸口を発見したら、

あとはそれを、ゆるゆると実施すると、

変化が現れた分だけ、肉体年齢が若返っていきます。

肉体年齢が若くなかったと気がついたのが、

来年とか再来年ではなく、今日でよかった!! と思って、

ぜひ、小さな改善活動を、一番簡単ところから始めてみてください。

数ヶ月後には、ちょっとした違いを感じる筈です。
違いが分かり始めると、楽しくなります。
もっとしたくなってくるかもしれません。

来年の今頃、どんな風になっているんでしょうね!
ぜひ、ワクワクしながら試してみてください。