疲れない握り方は実はこうです!  包丁から学ぶ道具の握り方!

毎日のお料理で、こんなことを思ったことはありますか?

・ カボチャを切る時、刃がぶれてしまい怖くて切れない。
・ 沢山切ると、腕の上側が痛くなったり、肘が痛くなって辛い。
・ ちょっと固いものを切ると、まな板に刃が当たるとき、とても大きな音がする。

・ 千切りが苦手
・ ネギや沢庵など細長いものを切る時、カカカカと 軽やかにならない。
・ 包丁使いが上手くないなーとなんとなく思っている。

いくつか思い当たることがあったら、次の二つのポイントを探ってみると変わってきます。

一つ目は、刃の使い方!

手前に引いて切る。
奥に押して切る。

この二つはスライドさせながらなので、刃の切れる部分がしっかり使えています。

でも、素材が硬いと前後にスライドさせずに、ついつい上から下に体重をかけて押しつぶす動きが強まります。

すると、刃の切れる部分がほとんど使えていないので、刃が入って行かず、さらに強く押すことに。

そんな風に、上から下にぎゅっと押しつぶして切るようになっていると、なかなか切れないし、力を入れすぎるのはとても危険です。

だから、硬いものを切るときに、そうなっていないかをチェックしてみてください。


二つ目は、握り方!!

人差し指や親指が疲れる場合

切れないからしっかり握らないといけないと、握力を出しまくっているから、手が疲れます。
使う指が、疲れちゃうので、親指、人差し指 、中指 等を中心に使っているんだと分かると思います。

多い

ただ、人差し指+中指+親指だと、どんなに一生懸命強く握っても、刃先はぶれます。 刃先がぶれるから、更に一生懸命握るようになるので、どうしても疲れてしまうんですよね。

肘の上や外側が酷く疲れる場合

手も疲れていると思いますが、体重を掛けすぎているのではないでしょうか?
腕の上側に人差し指担当の筋肉があり、腕の下側には小指担当が配置されているので、上側ばかりを使っている場合、上の筋肉だけが疲れてしまいますし、刃先がぶれたらとても危険なので、どうにかしたいところですよね。

理想的な握り方

正解

小指+薬指でギュッと握る

そうするだけで、とても楽に包丁が使えるようになります。

人間の手はもともと、棒や柄のようなものを握りしめる時には、小指を中心としてギュッと握り、親指がサポートに入る形の方が楽にできる構造(手や腕の作り)になっています。

この時は人差し指と中指は添える程度で力は必要ありません。

こうすると、手首も自然と固まり刃先のぶれが出にくくなります。

ネギを カカカカ と切る時も、小指を中心に握りしめて、自然と手首を固めて肘を支点にすると、刃先をぶれずとても楽にそれができます。

こうした柄の握り方などは、あまり教わることがないと思いますが、体の負担が少なくて、疲れなくなるし、力を入れないから危険性もぐっと減るので、是非試してみてください。

************************************

腕が疲れて困っているという、時々行くカフェの美味しいスイーツを提供するプロの方も、確認したら、包丁の人差し指握り派でした。
「疲れない握り方は実はこうです!」を実践的にお伝えしたら「もっともっと早くに知っていたら(カボチャやサツマイモを切るのが)楽だったのに」と本気で残念がっていました。
腕が疲れて辛いというときには、この知識がきっと役に立ちます。

上記の小さな ドット絵にあわせて、体感しながら確認してみてください!!
************************************

包丁以外でも、ハンマーやその他の柄のあるものは、同様に小指を中心としてギュッと握ると楽に動かせます。
柄を握る時の力の入れ具合は、小指を中心にギュッと握るように意識をしてみてください。

************************************

実際に比較すると違いが良くわかると思いますが、道具の取り扱い時は、十分に注意し安全を確保しながら実施してみてください✨