視力改善の為に、意識してみるといいこと。

まず最初に、小さな質問です。
 
 
Q: 人間の体は、今ある機能が衰えた時にどうしていくのでしょうか?
  
 
是非、少しの間、考えてみてください。
 
 

まとまりましたか?

 
 
いかがでしょうか?

 
 
自分なりの答えは出たでしょうか?

 
 
はい。

 
それでは、先に進めますね。

 
 
そのままだと不自由になってしまうので、残存した機能を使うまでは、なんとなく想像できると思います。
 

経験があるかわかりませんが、経験がある方は思い出してみてください。
 
経験がなかったら想像してみてください。
 
 
家の中を裸足で歩いていて、右足の小指をタンスの角に思い切りぶつけてしまいました。
 
うずくまるくらい、痛くて、まだじんじんと痛みが残っています。
 
すると左足を軸にして、右足に体重をかけないような歩きを 自然としていることに気がつくと思います。
 
 
誰かに教わることもないのに、ごく自然とそうなっていると思います。
 
 
これは、その方が楽だし、何よりも、そうすることで、どうにか歩くことができるからですよね。
 
 
では、タイトルにある「目」の場合はどうなるでしょうか。
 
 
スマートフォンやPCで、利き目を酷使して、目が疲れてしまい、視力が落ちてきたらどうなるでしょうか?
 
そう、目の場合には、片方を酷使してしまい、次第に視力が下がります。
 
下がり方が酷い場合には、反対側を自然と使い始めます。
 
 
利き目ではない方に、自然とシフトしていくんです。
  
 
 
ここまでは大丈夫でしょうか?
 
 
大切なのことは実はここからです。
 
 
視度調整は、目のレンズをコントロールして行うことは、
 
知識として知っていると思います。
 
 
そのレンズのコントロールは、ピント調整の為の専門の筋肉が担っています。
 
 
そう、筋肉。
 
 
運動やトレーニングをするとついて、
運動しないと消えてしまう あの筋肉です。
 
 
では、利き目から反対の目にシフトした場合、
利き目の視度調整を担う筋肉はどうなるでしょうか?
 
 
そう、ご想像の通りです。
 
だんだん使わなくなる
   ↓ 
次第に筋肉量が減る
 
ここまではまあ、いいですよね。
 
ちょっと怖いのがこの先。
 
視度調整が上手ではなくなる
   ↓    ↓ 
その目をもっと使わなくなる。
 
そして、ついには、
 
利き目の反対ばかり使う
   ↓   
とても目が疲れる
   ↓   
酷使により視力が下がる。
 
となり、両眼ともに酷く疲れてしまうことがあるんです。
  
 
もし、最近、目が酷くかすむようになり、なんか変だなと思ったら、
このサイクルにはまっている可能性があります。
 
 
では、一体どうすれば良いのでしょうか? 
 
 
答えは 「 全部、逆をやる 」です。
 
 
使わないから、筋肉が痩せるなら、
ちょとだけ使ってあげればいいんです。
 
小さなトレーニングから開始して、
次第に利き目の能力を取り戻していくと、
両眼視が楽になり、酷い目の疲れから解放されるようになります。
 
 
一気には良くなりませんが、どんなこと? をと思ったら、
毎日数分で良いので、次のトレーニングをしてみてください。
 
 

遠くが見渡せる場所を探します

 
窓の外の風景でも構いません。
風景2
 
 
利き目が左目の場合
 
1) 両眼を開く。
 
2) 右目の前に掌(てのひら)を持ってきて、視界を塞ぐ。
3) 左目で遠くを見る。 可能なら木々(緑色)をみる。
 
4) しばらく遠くをみたら、近くを見る。
   ピントがあって馴染んだら、また遠くを見る。
 
5) 4 を 数回繰り返す。
 
6) 反対の目を同様に行う。
 
7) 両眼を閉じて、10秒くらい休ませる。
 
8) 両眼を開けて、遠くを見る。 そして 近くを見る。
 
9) 真正面以外の左右の遠景や近景も見る。
 
10)正面をみて、リラックスしたら終了。
   最後に目が軽くなったか、自分の感覚を探ってみる。
 
 
トレーニングといっても、変に力むことは必要ありません。
 
 
使い過ぎていると思ったら目を労わり、回復に繋げ、
あまり使っていなかったなと思った方の目を使うことで、
回復を促します。
 
 
体の自然な反応を探って知ると、
こうしたトレーニングを自分で気がつけるようになりますが、
まずは試してみてくださいね。
 
一番いいのは、自分で気がついて、
上記にあるような、毎日の小さなトレーニングで、
日々の状態のリセットして、健康な毎日になるようにすることです。
 
もし、それでも上手くいかない場合には、目が健康であるか確認をしてみてください。
 
また、ここから先は小さな宣伝になってしまうので恐縮ですが、
リセットプログラム・ボディのエネルギーワークで「目を中心に!」とお伝えいただければ、固く締まっている視度調整筋肉を、お顔にそっと触れるか触れないかで柔らかくし、
視力改善のお手伝いが出来ます。
 
もし興味があったらクリックしてみてください。
 
自分に向いた方法が知りたい場合、このリセットプログラム・ボディで、
お伝えすることも出来ますので、
もし急いでいる場合には、ご利用も考えてみてください。
 
<関連記事>
 
・ 眼精疲労 と 頭痛