水と仲良くなると。  前に進みやすくなるように。

泳げる人にとっては、ごく当たり前のことかもしれません。

でも、泳ぎが苦手な人にとっては、そうだよと言われても、きっと、まだ納得ができていないこと。
それは、水と仲良くなると、性質が変わるということ。
性質が変わるのではなく、そう感じるだけのことなのですが、緊張して体が硬いままだと、水は仲良くしてくれません。

すると、前に進みたいと思っていても、沈みそうになるし、手や足を掻いても前に進みにくく、とにかく必死になって、頑張っていくしかないのです。

疲れるし、大変。
きついですよね。

でも、水と仲良くなっていると、世界がだいぶ違います。

水とは友達だと思い安心して身を任せていると、体から余分な緊張が抜けていきます。

完全脱力とも言えるほどに、緊張を抜いて身を任せる。

水に委ねると、水と体が同化するかのように、感覚が変わります。

すると、ゆったりとした動きをするだけで、推進力が出るのです。

随分昔のことですが、私は、小学校の時にずっと泳げなかったから、中学校の部活動は水泳部にしました。

ずっと泳げないままで、一生いるのは辛い。
ずっとそう思うのは嫌だなと思って、どうにか泳げるようになっておこうと思ったのです。

だから、手をこう使いなさい、足はこうです、引き付ける時や押し出す時はこう。
ノウハウはあれこれ伝えてもらったことを真面目に守って、必死になって泳ぎました。

でも全然前に進みません。
とにかく沈みます。

よく沈みます。

なのに、同級生で体が大きい友達は、ぷか〜っと浮いています。

まるで浮き輪のようです。
数回手足を動かすと、25Mをあっという間に泳ぎきります。

その頃から、なんとなく自分との違いは知っていたのですが、真似をしてみてもやはり私は沈んでしまいます。
水が怖いから。
体がカチカチだったのです。
でも、ここ最近、体が緩み、当時の友達と同じようにしてみたら、急に水と仲良くなれました。

すると、前に進むんです。

全然力を入れていないし、ほとんど頑張っていないのに。

気がついたら、プールの壁から壁へと泳げているのです。
したことはただ一つ、水と仲良くなるために、全てを委ねて身を任せるだけ。

気持ちを、そう持っただけです。

余分な緊張が少しでも残っていると、同化の具合が減ってしまいます。

たったそれだけのことですが、自分には泳げないと思っていた長さが泳げるようになりました。
意識一つで、体が変わるのを、これほどまでにわかりやすい体験ってなかなかできないので、もし、プールの長い方をまだ泳ぎきれないという方は、ぜひ一度、そんな風に意識して、試してみてください。

空

プールでわかったことは、力を抜くこと。

そのために、恐怖 を減らすことでした。

日常の生活の中だって同じです。

普段意識していない、小さな緊張の存在を知ることで変わります。

その緊張をどれだけ解けるかで、生活の品質は簡単に上がったり下がったりします。

もし、普段も無用な緊張があるのを知っていたり、感じてみたら、その存在に気がついたら、一体どうしたらいいのでしょうか。

泳いでいる時には 水 がそこにありました。
だから、水と仲良くなるように意識したら変わりました。
それは、水に対する恐怖を消すことで変わりました。

普段の生活でも、水 と同じような、ほんの少し緊張させる何かがあると思うのです。

無意識に感じている、それ との関係性を見つめなおしたら、どうなるでしょう。

仲良くすればいいのか、味わい尽くせばいいのか、どうしたらいいのかは、恐怖の質によって違うでしょう。

でも、緊張がどこの恐怖と繋がっているかがわかったら、対策や方法が見つけやすくなります。
だから、もし、小さな緊張を見つけたり、感じたりしたら、それは一体なんでかなー と思いを馳せてみてください。

きっと、そこから感じられることと、繋がりが深い筈です。

小さなことだから、見過ごしやすいことですが、余分な緊張が減った世界はとても楽しいので、どこかで時間を作って見つめてみてください。