今よりも楽になりたいのに、ずっとブレーキがかかっていたら考えて欲しいこと

地元猫
 
 
肩が凝っていたり、腰が痛くて辛くて、どうにかしたいと思っていても、なかなか改善のために動けないとき、一体、何が邪魔をしているのでしょうか?
 
心理学的なものの見方をすると、人間は、目的があるとそれを手にするために動きます。
 
もし、本気で、体の痛みや疲れをどうにかしたい、そう思って、快適な未来を手にしたいとしたら、すぐに動けるはず。
 
でも、動けないとき。
  
真の目的がそこにはないのかもしれません。
 
 
では、

まだ大丈夫。
 
もう少ししたら。
 
今ではなくても。
 
と 先送りにしているときには、どんな目的を設定しているのでしょうか?
 
 
そこにある目的、隠された目的とは一体はなんでしょうか?
 
 
そう、不都合がある方が都合が良い。
そのままの方が良いという大きな理由がそこにあるはずです。
 
 
肩が凝ってるから、仕方がないんだ。

腰が痛いから仕方がないんだ。
 
そうやって、その理由があるほうが都合がよいということはありませんか?
 
 
誰かに言い訳をするのに、とても便利だから、完全になくなってしまわれるのもちょっとね。
 
 
そんなことが心のどこかに存在していたら、当然動きにくいですよね。
 
 
だから、もし、今、改善のための行動が何もできないときには、心の底に、どんな理由があるのかを探ってみてください。
 
 
チェーンにサビが浮いて、漕ぐのが大変なギシギシする自転車よりも、油がさされたチェーンの自転車のほうが楽に漕げますよね。
  
どちらがいいかは、本当に あなた次第です。
 
 
 
もし、やっぱり変わりたいなと思ったら、あなたの心のブレーキを見つけてみてください。
  
 
心のブレーキがなくなるだけで、体にも小さな反応が出てくることでしょう。

きっと、それだけでも、だいぶ楽になりますよ。