人の能力は無限大   実技の講座を公開するまえに、どうしても伝えたかったこと。

ストーリー選ぶのはいつもあなたの自由。

どこかでとても、素晴らしいことをする人に出会ったときに、
あなたは何を思うのだろうか。

「私にはできない」

そう思っていると、そこまでになってしまう。

「あの人にできるならば、私にもできるかもしれない」

一見無謀なことに思うかもしれないけれど、自分の可能性を信じると、私はいつか手に入ると思っている。

「得意な人が、得意なことをしているのでできている」と思うのも自由。

でも、とても小さな憧れだったとしても、それを潰すことなく
「やってみたいと思う気持ちに素直になる」と、どうにかなるものだと信じている。

闇雲にそう思っているのではなく、私がすでに実際に体現しているから、強く感じていること。

私のヒーリングの能力は、私がまさにそうして、本当にできるようになったから、これだけは本当だよと言えること。

そこで、
ほんのちょっとの間だけ、考えてみてもらいたいことがあります。


あなたのこれからの人生が、ある映画のストーリーだとしたら、

あなたは一体どんな脚本を書くのだろうか。
ということ。
冒頭にあったように、心がワクワクするものに触れても、

「いやいや自分には無理だから」と、書いてそこで終わりにするのが、好きなのだろうか。

それとも、素敵なエンディングのために、

そこに挑む「私もできると思うのでやってみる」と書いて、進めていくのだろうか。
もし、そうして進めてみても、直ちに目標が達成できなかったとしても、
その途中にあるのは、すべて成長の物語だ。
どちらの人生のストーリーをあなたは書くのだろうか。
 
そこで書いたストーリーは、あなたの人生になっていることに気がついているのだろうか。
 

どうしても伝えたかったこと

Hidamariでは、これからヒーリングができるようになる、エネルギーワークを伝授する講座が始まる。

そこに書いているのは、明るいとても明るい未来。

それは「私よりも、力のある人を育てる」こと。

そして、「上手なことを、上手な人にしてもらうための仕組み作り」の二つだ。

ちょとだけ想像してほしい。

私のところに、「指先の何かの不具合」でお願いをしたいという人のご相談があったとする。

エネルギーワーカーなので、メールや写真があれば、どの程度なのかは、だいたいわかる。
どこまで綺麗に、元に戻るかも、ほぼほぼ想定がつく。

仮に、私が「指先が苦手」だとしよう。
その時に指先について、もっと上手な信用できる人がいたら、私の選ぶストーリーは、「私がしない」だ。
そう、「その人を紹介する」を選ぶのだ。

困っている人は、私に相談すると、もっと上手な人がいると聞かされるので、少々面食らうかもしれない。
でも、指先がとても得意な人の方が、どう考えても、私よりも上手にその不具合を調えてくれるだろう。

不具合で困っている人は、よりしっかりと調う方が、普通は嬉しいと思う。
私も、もっと上手な人にしてもらう方が、困っていた人の笑顔が増すのがわかっているから嬉しいし、
苦手な部分で一生懸命頑張らずに済むのも加わると思うと、ちょっと嬉しい。
指先が得意な人は、得意な分野のお仕事が出来るので、とても嬉しい。

みんなが嬉しくなる仕組み。

自分の得意分野のお仕事が、自然とやってくる仕組み。
そんな仕組みを、これから作って行こうと思っている。

根が真面目だと、とても、はまりやすいのだが、
苦手な分野をどうにかして頑張って、レベルを上げようと思うが、
苦手ということは、そこは向いていない証拠。

頑張っても、成果が出にくく、時間もかかる。

その間、上手な人はさらに先を行く。

それならば、苦手はそこそこにして、自分の得意な部分を目一杯育てる方に使うのが、もっと世の中の役に立つだろう。

それに、よくよく考えるとわかるが、自分にとって苦手な分野は、
誰もがそれを苦手なのではなく、他の人にとっての得意分野だったりする。
いや、その可能性の方が、とても高いのだ。

一人で何もかもをするのはやはり限界がある。

でも、同じ志を持っている人が、何人も集まったなら、どうなるだろうか。
得意な分野をどんどん伸ばしているほうが、誰かの役に立つのが、まざまざと目に見えるように私は感じる。

そこに、あなたが、参加することになるかもしれない。
「そんなことはない」と思うのも自由だし、「そうかもしれない」と思うのもまた自由だ。

でも、ほんの少し、想像はしてみてもらいたい。
一体、どんなストーリーをあなたが書くと、未来がどう変わるかを。

この文章にたどり着いたのであれば、望む未来を掴む可能性はとても高いのだと思う。

人は見た目も、雰囲気も、出来ることも少しずつ違うように、
同じことを習っても、元々持っている資質によって、出来ることの違いが出てくる。

料理なら、煮物が得意な人がいたり、焼き物のが得意みたいに、得意分野が伸びてくる。

上手な人は、上手だというところを、どんどん伸ばす。
どんどん伸ばすと、もっと上手になる。

私は、同じ志を持つ方と共に、世の中の誰かの役に立ちたいと思っている。

エネルギーワークが本当にできるようになるこれから公開する講座は、
ただ、ヒーリングができるように教えて終わりなのではなく、
私の書いた、大きな未来のスタート地点にもなっている。

講座をどう使われるかは、受講者の方の完全な自由ではあるものの、
得意なことをどんどん伸ばし、苦手な分野を紹介しあい、誰かの役に立ち続けるストーリーを私は書いている。

もし、心の中が、どうしようもなくワクワクしたら、
ご自身の気持ちに とにかく素直に なってみて下さい。

そして、もしよかったら、あうかもしれないと思ったら、
このヒーリングの講座を、あなたの人生のストーリーに加えてはみませんか。