PC作業でマウスを使いすぎて、手首と肩が痛くなった時にしてみるといいこと。

まず最初に物理的な問題を解決するための注意事項を二つ。

 
1)慣性の法則から調える
重量があるマウスを常に使い続けていたら、是非、軽いものも用意して交互に使ってみてください。
同じ重さでも握りやすいものであれば体にとっては負担が減ります。
どんなにオシャレでも負担が高いものは体に良くありません。
 
2)微細さを仕事によって使い分ける
マウスの分解能力が必要な仕事を、分解能力が低いマウスでしていたら当然疲れます。
慣れていないうちは、分解能力が低いマウスでもどうにかなることも、慣れてくるにつれ分解能力が高い方が楽になってきます。
特に、細かく何かを選ぶことがとても多く感じたら、分解能力の高いマウスを手に入れて、用途に応じて使い分けてみてください。
 

上記二つの要素を除いて、マウスのクリックが多くて、疲れてしまった場合。 一気に ぐっと楽になれるのは、次の動作です。

 物理的な不具合を外すことで大きく変わってきますが、今、それよりも、何よりも、痛さや辛さを抱えている場合には、こちらの動作をすると楽になってくれます。
 

何をするか?

 
それは、負担が高い「指先」をほぐすこと。
 
指先を?
 
はい、指先です。
 
痛いなと思う、手首や肩、首ではなくて、指先だけ。
 
それも、一番多く使っている指の腹の部分。
 
第一関節までで大丈夫です。
 
そこをとにかく丁寧にほぐしていくのです。
 
でも、強く揉んではいけません。
 
マウスの指
 
ガチンガチンに固くなっている部分を、ぐいぐいと固い粘土を潰したり、もみ込むかのように強く押してしまっては、細胞が潰れます。
 
そうなると、調えるのではなく、細胞から見ると「いじめられている」状態になります。
 
細胞が「いじめられて」良くなることはありません。
 
 
だから、最初は「ふわふわ」と触り、固い部分を探ってみましょう。
 
そして、優しく触れ続けることで、なんとなく温かみを感じてきたら、もう少しだけ圧をかけて、擦るように触れていくのです。
 
第一関節の内側から、指先に向けて、なんども、なんども指の腹を、擦るように触れていくと、ガチンガチンが少しずつ緩んでくれるのに気がついてくることでしょう。
 
そうしたら、その緩んだ部分を通して、その下にあるまだ固い部分を同じように、擦るように触れていくのです。
 
指の腹全体が、柔らかさを半分くらい取り戻したとき、手首や肩や首の辛さをもう一度感じてみてください。
 
指先への対処を始める前よりも、ずっと楽になっている事に気がつかれると思うのです。
 
そう感じられたら、ずっと文句も言わずに、ただただ頑張ってくれていた、マウスをクリックする部分の細胞に感謝して「ありがとう」と伝えてみてください。
  
そして、また心地よく働ける事を感謝してみてください。
  
 

体は素直

 
体って、本当に素直なもので、一番最初に、頑張ってくれていたところが限界を迎えると、その他の部位がそれを補って頑張ってくれます。 
でも、その部位が限界を迎えると、辛いよというのを痛みとして伝えてくれるようになるのです。
  
もし、どこかに痛みや辛さを感じたら、上記のように一番最初の部分を見つけて調えてあげると良いのです。
 
 

その部位は連鎖の最初?

  
実は、体の部位は、痛みを伝えてくれやすい部分と、そうではない部分があります。
 
連鎖は一つかもしれないし、7つかもしれない。
負担のかかり方と永続してきた長さで、連鎖の数は変わります。
 
なので、ここが連鎖の最初なのかな?と じっくりと探っていってみてください。
 
もし、そこが最初の部分ならば、触れていき感謝を伝えると、体は連鎖して変わってくれます。
 

  

一番良い方法

 
あなたが、ご自身で全てを感じて出来るようになるのが一番です。
それは、日々変わりつつある体を一番よく知っているから。
日々の状態に合わせて、日々メンテナンスができると、最良の状態を保ちやすくなる。
それが大きな理由です。
 
 

一人ではどうしても難しい場合には こんな方法も(以下は、お知らせです)

 
でも、連鎖が深すぎて、もし、一人では難しいことがあった場合は、サロンがその役に立つと信じています。
 
このサロンでは、体の声を感じるのが得意な施術者が、あなたに代わって調えて、ますニュートラルな状態に導いてくれます。
そして、負担の有無、不快感の有無を、体感で感じて、ああ、これが本当の自分だと感じた後に、再発を防ぐには、今後、どこに注意すべきか、どんな風に調えていくと良いのかを、丁寧に紐解いてお知らせしてくれます。
 
あなたが、ご自身の体の頑張ってくれていたところを知って、日々、感謝の気持ちを伝えられるようになると、体のあちこちが本来の状態でずっと頑張れるようになります。
 
すると、痛みや辛さを感じることが、それ以降、どんどん少なくなり、本当の意味で、本来のあなたの力が継続的に使えるようになってきます。
 
一見すると、費用が高く感じるかもしれません。
また、なんでそんなに時間がかかるのかと、訝しがるかもしれません。
 
でも、そこには、あなたの体の謎を解き、分かりやすいように、いくつもの例を通じてお知らせする時間が含まれています。
体感を通し、分かりやすい例を作り、伝え、体の芯から理解しやすい環境がそこにはあるのです。
 
体がリセットするかのような施術に、再発を防ぐための、良くある一般論ではない、あなたの体と体の使い方に特化した詳細な説明が付いてくるのです。
体感で体の心地よさがその場で得られ、良い状態が長持ちするための、小さなコツ、それもそんなに面倒なものではない、使いやすいコツを、動作を含め理解しやすく教えてくれるので、コツを体得しやすく、どんどん体のことを理解できるようになっていきます。
 
興味が出てきたら、よかったらこちらをご覧ください。
 
体と心の連携から調えていく、リセットプログラム・ボディ & マインド(思考)
http://salon-hidamari.jp/reset-bm/
 
体の基本的な仕組みをうまく使った。何も無理がない、痛くない施術。
そこに対話が入り、それぞれが織りなすことの相乗効果による快適さ。
その道がここにあります。