あなたの細胞の可能性を、あなた自身に知ってもらえたら。  それが一番いいなあと思う日々。

歳をとるごとに、こんなものだろう。

そう思うことが多くなると思います。

それは、経験が作り出した、本人にとっての事実の積み重ね。
それこそが、真実となるからです。

でも、それって、本当に本当のこと、本当の意味での真実なのでしょうか?

なぜそんな質問を投げかけたかというと、私自身の経験ですが、何が本当で、どこまでが標準偏差なのか、どこからが変かということが初めての経験だと皆目見えなかったのです。
自分自身の変化をつぶさに観察しても、歳も歳だし、まあこんなものなのかなという思いが付いてしまいました。

そこで、きっとこうだろうという、フィルターが自然とかかってしまい、そのフィルターを通して、見てしまっていたのです。

事実は、私の状態が悪くて、標準偏差からギリギリ外れてしまう位置だったのに、年齢のせいにして仕方がないと思い込んでいたのです。

もしかして、あなたも同じように感じていたりしませんか?

今感じている、こんなもんだろうって、本当にそんなものですか?

過度な期待は禁物ですが、思い込みというフィルターを一度手放して、本当のところはどうなんだろうと見つめてみると、結構 、本当の本当のことが見えてきたりします。

私自身の施術では、自分の肉体を使って、効果が確認されて、再現性のあることを中心としています。
なんとなくではなく、確実にこうすると、こうなるということを、使っています。

そこで感じたことは、細胞って、本当は豊かだっていうこと。
どんな時にも、文句も一言も言わず、ギリギリまでひたすら我慢してくれて、本当に危なくなると、本気で悲鳴をあげますが、その時点からであっても、元に戻る力を持っているということ。
戻る力は結構強いです。

ただ、ご本人がそれに気がついて、細胞とお話をする必要があります。
でも、語りかけるだけで、それができるし、意識をほんの少し変えて、付き合うだけで、体は本当に変わってくれます。

そんなことがほんの少しでも伝わればいいなと、ずっと思っていますが、最初の一歩が、本当の本当はどうなのかなという、自分自身の思い込みというフィルターを外して、本当を淡々と観察していくことなんです。

もし、ずっと、体のことで悩んでいたら、そんな風な意識を持って、ご自身の現在の状態を観察してみてください。

もし、そのお手伝いが必要な時には、リセットプログラム をお使いいただくと、施術に合わせて、そんなお話がじっくりできます。

SN-005 SN-006 SN-004 SN-003

細胞との関係がこれまでと変わると、自分にとって良い状態が続きやすくなります。
自分の体って本当にいいーな と自然に思えるようになります。
どうせなら、そうやって楽しんで生きていきたいですよね♪