長老の呼吸

街のことは何でも解決できてしまう、どんなことでも相談ができる、とても優しい、長老のような 頼れる人物を ちょっと想像してみましょう。
どうですか?

想像は できましたか?

では、長老の呼吸は、一体どんな感じでしょう?

呼吸は早いですか?

遅いですか?

呼吸は深目ですか?
それとも 浅目ですか?

1分間に何回くらいの呼吸でしょうか?

どう考えても、長い階段を上ったときのような、駆け足をした後のような、浅い呼吸は似合わないですよね。

呼吸が長く、緩やかに、深くできていると、雰囲気もまた、それに見合ったものになります。

心が穏やかだと、そんな雰囲気が滲み出てきます。

穏やかな心だと、物事をしっかり見極められるようになります。

もし、今のあなたが、何かに焦っていたり、困っていたりしたら、

呼吸が緩く、深くなるように、ちょっとだけ意識してみてください。

こんな風に、思いっきり形から入っても、体の動きに対してしっかり反応して、次第に落ち着いてきます。

心が落ち着くと、焦らなくなるので、穏やかに時が過ぎるようになります。

そうなれたら、あなたは、あなたの能力をフルに発揮できるようになります。

変に慌てないから、いつも しないような、妙な失敗も 当然のように出にくくなりますよね。

種

あ、今 焦っているかも。 あ、今 不安かも。 と 思ったら、 この話を思い出してくださいね。

長老を思い出して、呼吸を意識するだけで、本当の自分に戻ることができます。

あなたの、本当の実力を発揮してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

SNSフォローボタン

フォローする